11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年 望年会 報告/来年に希望をもって活動を 

2015年 望年会 報告

日時:2015年12月25日(金)18:00~21:00  天気:晴れ
場所:きりえ館(和白干潟を守る会事務所)
参加者:16名

 久しぶりの好天に恵まれて望年会が行われました。17時から会場の準備。テーブルにはみなさんの心尽くしの沢山の手料理が並べられました。
望年会・開始前

18時から開会の挨拶は山本さん、次いで山下さん(86歳)の乾杯の音頭で始まりました。今回は香住ケ丘の平松さん父娘の参加で賑わいました。1人ずつ自己紹介を兼ねて抱負をのべました。森さんの紙芝居、有江さんの絵本読みきませとクリスマスのあそび歌、山本さんのマジック、「手のひらを太陽に」を森、有江、山本さんが歌いながら踊ります。

絵本読み聞かせ
マジック
手のひらを太陽に

オークションには多くの品々が寄せられ、特に田村さんからの貴重な本は人気がありました。
オークション

司会の松田さんのトークで盛り上がりました。最後は恒例のハンドベルの合奏。
ハンドベル

今村さんの閉会の挨拶は「来年に希望をもって活動を」でした。いつの間にか、予定の8時半は9時過ぎになりました。楽しい笑顔ばかりの会でした。
2015年の5大ニュースを山之内さんの司会で出してもらいました。
1、ミヤコドリが過去最高の17羽飛来。
2、「和白干潟の四季の自然さがし」を始めた。
3、和白干潟まつりが27回開催で450人が参加。
4、「日本自然保護大賞」に入選。
5、クリーン作戦への企業や学生の参加が増えた。
5大ニュース
 
  会計報告
入金: 会費: 16,000 円  と オークション  10,460円
出金: 材料費: 9,566円
残金: 16,894 円 
残金16,894円は守る会に寄付いたしますので、ご了承ください。
皆さん有難うございました。 (T・K)

記念写真


以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/235-dfb83993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク