11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年12月和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様お疲れ様でした 

2015年12月和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告
 
●日時:12/19(土)15:00~17:00
●参加者:32名、一般:九産大宗像ゼミ関係(学生3名教師1名、他校先生4名)他9名、守る会15名
●回収ゴミ合計260袋: 可燃ゴミ:259袋(人工ゴミ9袋・アオサ250袋)不燃ゴミ1袋
●粗大ゴミ:塩ビパイプ1個、約(直径20㎝、長さ3m)、角材2本、木の枝2本
●見られた鳥:ミヤコドリ14羽、クロツラヘラサギ4羽、ツクシガモ200羽、ダイシャクシギ1羽、オナガガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ヨシガモ、オオバン、沖にはスズガモの群れ。山鳥:ヒヨドリ3羽、モズ、ジョウビタキ、ツグミ5羽、

 今和白干潟では、アシ原の中は次世代へとバトンタッチも出来て、オオジシバリ、ハマウドなどの小さな若芽が顔を出していました。アシ原入り口には、クコが赤い実を沢山実らせていてとても可愛く、後背林では、ネズミモチ、ナンキンハゼ、マサキ、シャリンバイ、アキグミ、ノイバラの実も色づき、まれにナワシログミが色づいたのも有ります。四季折々の変化に富んで何時見ても飽きが来ません。本当に自然豊かで、何時までもこのままの様子を保って行けたらと願っています。
 鳥たちも山の鳥、水辺の鳥と両方観ることが出来ます。又、後背林の中には紅葉するのも何種類か有り目を引きます。
クリーン作戦では、小さい子ども連れで家族で参加の方、毎回来てくださる椋木さん、九産大宗像先生関係で遠方から先生4名も初めて参加して下さり、バラエティーに富んでいました。
k3.jpg
023.jpg
009.jpg
014.jpg

 今回も流れ着いたアオサがそのままアシにかぶさって残っていました。広場前は港湾局関係業者の清掃が入っていましたが、アシ原や溝までは清掃がされていませんでした。アシの上では、表面は白く白化しており、下にはヘドロ化したのが多くあります。広範囲の為に、取っても取り残されてしまいます。おまけに人工ゴミのペットボトルやレジ袋類、菓子などの袋が多くいて、45ℓ袋が直ぐいっぱいになりました。アオサは乾いたのは軽く濡れたアオサは重くなり、ソリ、一輪車、リヤカーなどで回収しました。又溝のアオサ除去班、人工ゴミ集め、乾いたアオサ回収と、幾つかの斑に分かれて自主的に清掃しました。人数は多くありませんでしたが、思ったより多く回収することが出来ました。その後お茶を飲みながら歓談で感想や、野鳥観察もして貰いました。最後に記念写真を撮ってから解散しました。参加された皆様お疲れ様でした。(S・T)
037.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/233-45275b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク