11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生の和白干潟観察会」報告/温かい日差しと心地良い微風の中での観察会になりました 

和白小学校4年生の和白干潟観察会」報告
                                          
日時:2015年12月14日(月) 14:00~16:00
場所:和白干潟海の広場及びアシ原と干潟
天候:晴れのち曇りのち小雨  中潮 (満潮 11:52  干潮 17:14)
参加:和白小学校4年生(4クラス110名と先生5名)、守る会9名

 冬空の合間を縫って朝から快晴に恵まれた林の向こうから、子供達の元気な声が聞こえてきました。地元の和白小学校4年生です。今年6月に夏の和白干潟観察を体験しています。今回は渡り鳥の多い12月の観察会です。温かい日差しと心地良い微風の中での観察会になりました。今回の見どころは鳥の種類と数の多さです。山本代表が干潟の説明をし、紙しばいで今日観察できそうな鳥たちを中心に、アシ原の生き物や植物なども説明ました。子供たちはとても興味深く、全員よく話を聞いていました。
干潟の鳥などの説明

 さて、いよいよ8台の望遠鏡を使ってのバードウォッチングです。のどかな天候と、満ち潮につられて集まった多くの鳥達の中から、まず前方にいる6羽のクロツラヘラサギに照準を合わせます。
バードウオッチング
ミヤコドリとクロツラヘラサギ

 見えた、見えたと口々にヘラを振っている仕草を確認し、納得していました。次にミヤコドリの群れも観察。白くかわいいツクシガモは、数も一番多いようです。 遠く沖合に並ぶスズガモを確認後、マガモ、ハシビロガモ等今日は多種類の鳥が観察できました。
オナガガモやツクシガモ
オオバンとヒドリガモ

その後クラス毎に一列に並んでアシ原に向かいました。センダンの葉痕観察をし、アシ原に入って行きました。
センダンの葉痕観察

途中足元のノイバラなどに注意し、カニ等の生き物や、ハゼの紅葉、この時期めずらしいハマナデシコの花、クコの実などを観察しながら、砂洲にたどり着きました。
クコ

この頃に天候は急変、雨粒も多少落ちてきましたが、子供たちは6月に体験した広い干潟を思い出したのかどんどん沖の干潟に向かって進みました。カモの足跡や波の紋を観察、コメツキガニやウミニナを探していました。
干潟の観察
カモの足跡

引き返す途中には、全員持参したゴミ袋にいっぱいのゴミを拾いながら海の広場に集合しました。
ゴミ拾い

 最後のまとめと質問コーナーでは多くの子供達が次々に手を上げ、時間ぎりぎりまで熱心に質問をしていました。質問コーナーの後、山本代表から子どもたちに2月に予定の観察会のまとめの発表会のテーマについて話しました。守る会メンバーも発表会を楽しみにしていることを伝えました。 (H・M)

まとめ

以上
 
観察された鳥:クロツラヘラサギ(6)、ミヤコドリ(15)、ダイシャクシギ(1)、 ツクシガモ(200)、 オナガガモ、スズガモ、マガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ    ダイサギ、コサギ、ツグミ、オオバン、ミサゴ、ハヤブサ、ハクセキレイ、アオジ    
観察された生き物:コメツキガニ、ウミニナ、アサリ、ホトトギスガイ、ホソウミニナ、アラムシロ、
         ユウシオガイ、マガキ、シロスジフジツボ、
観察された植物:実:シャリンバイ、マサキ、クコ、ノイバラ、アキグミ、テリハノイバラ、ナンキンハゼ
          センダン、ヌルデ
 花:ハマナデシコ  葉根:センダン  紅葉:ハゼ 
海藻:アオサ、オゴノリ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/232-f1f9de3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク