11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲- 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-

2015年12月13日(日) -雨のち曇り- 中潮(干潮 16:36 満潮 11:14)
[観察鳥種] 37種 [参加者数] 10名

 早朝から雨でしたが集合地の和白公園には10名集まりましたので、皆さんのご意見で探鳥会を決行することになりました。少し小降りの時に出発して海の広場方面に向かいました。街路樹のナンキンハゼやスズカケの実がたくさん生っています。
20151213ナンキンハゼ700

 和白4丁目海岸に降りると、海いっぱいにカモたちが広がっていました。唐の原方面にクロツラヘラサギやミヤコドリやツクシガモたちが見えます。
IMG_41820151213クロツラヘラサギ・ツクシガモ・ミヤコドリ・オナガガモ
IMG_4276ミヤコドリ800

 満潮前で海の広場までの海岸は歩いて行けませんでしたので、上の道路を回りました。
海の広場ではたくさんのツクシガモを良く観察できました。ツクシガモに紛れて同じような色合いのミヤコドリが目立ちません。ダイシャクシギやヨシガモやオオバンなどをじっくりと観察しました。
20151213海の広場

 沿岸にはアオサが積もっていて滑るので、気をつけながらアシ原に入りました。アシ原の中道からは干潟のカモたちが透けて見えます。オオジュリンが飛びだしたり、トビも木に止まっています。砂洲へ出ようとしたら、カモたちが次々と飛び立ち沖へ移動しました。ダイシャクシギとクロツラヘラサギが近くに残りました。
IMG_4258ダイシャクシギ800
クロツラヘラサギ(アシ原前砂州)5Z8F6733a12L
クロツラヘラサギ(アシ原前砂州)5Z8F6727a02L

沖ではホオジロガモやカンムリカイツブリもいます。
20151213カンムリカイツブリ・ホオジロガモ・ホシハジロ

雁ノ巣方面にはスズガモの大群が見られました。満潮時のためシギやチドリがあまり見られず残念でしたが、最後にミサゴの迫力ある泳ぎが見られました。大きなボラを捕まえたのですが重すぎて飛べません。仕方なく岸部まで泳いだのです。
IMG_4300ミサゴ
20151213ミサゴ獲物

 クロツラヘラサギ9羽が休む向こう側を、5分くらいかけて懸命に泳ぎました。ミサゴの泳ぐ姿は初めて見ました。砂浜で大きな生きのいいボラをつつき出すと、すぐにカラスがやってきました。ミサゴはチッチッチッチッチ・・・と鳴き、追い払おうとしますが、カラスは増えてきました。5~6羽になり、1羽がミサゴをつついていじめます。ミサゴの足のツメはボラに引っかかっていて、抜け無いようでした。クロツラヘラサギがすぐ近くにいるのに、皆さんはそっちのけでミサゴに釘づけでした。時間になったので鳥合わせを済ませてミサゴの方に向かうと、ミサゴの足のツメがボラから外れて飛んで行きました。ボラはまだ生きていましたが、目がくりぬかれていて無残でした。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・クロツラヘラサギが近くで見られて良かった。 
・ミヤコドリが見られた。     ・ミサゴが魚を持って泳いだのがすごかった。  
・カモたちを良く観察できた。   ・雨がやみ良かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/231-54efbff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク