11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

西戸崎小学校5年生の和白干潟観察会報告/水遊びやカニ採り、貝掘りなどの楽しい遊びを体験したという感じでした 

西戸崎小学校5年生の和白干潟観察会報告
 
日時:2015年11月24日(火)12:30~14:30  天候:曇り 場所:和白干潟
参加者:西戸崎小5年生65名と先生4名(1名は校長)
守る会5名

 前夜から明け方まで雨が降りましたが、観察会の時には雨が降らず、風も強くなかったです。しかし暖かい日が続いた後で、少し肌寒く感じました。お弁当を広場で食べるということだったので、早めに来て見ると、砂浜から広場に続く草の中にカモたちの糞がいたるところにあり、スコップで穴を掘り埋めるのに時間がかかりました。その間、広場前ではオオバンの32羽の群れが干潟の上をよちよちと歩きながら餌を食べていましたが、こどもたちが来たらアシ原に移動していきました。
 子どもたちのお弁当が終ってから観察会開始。先生は、学校で子どもたち一人一人が「課題」を決めて干潟にやってきたので、しっかり観察していくよう指導されていました。山之内さんが、紙芝居で干潟のこと、鳥やカニの話をしましたが、食後で遊びたい気分の子どもたちはなかなか集中して聞いてくれませんでした。
DSC_4476.jpg

 野鳥観察では、望遠鏡を準備しているときには、クロツラヘラサギが6羽いましたが、開始の時には飛び立っていたのが残念でした。クロツラヘラサギ1羽はいたので、それをまず観て、ミサゴやカモ類を観察しました。
DSC_4480.jpg

 続いてヘドロに足をとられながらアシ原に向かい、アシハラガ二を捕まえ観察しました。上手に捕まえる子もいましたが、大半は怖がっていました。この時、たった1羽残っていたオオバンがあわてて歩いて逃げていくのを子どもたちも楽しそうに眺めていました。
DSC_4487.jpg

 干潟を歩き、アサリやウミ二ナを採って浄化実験容器に入れるよう指導しましたが、ガイドがアサリを掘る地点に行き着くまでに半分くらいの子どもや先生が別行動をとってしまい、全員が体験できなかったのは残念でした。続いてコメツキガニを見つけに干潟を歩き、スコップで掘ることを教えようとしましたが、持ってくるはずのスコップを持参してなかったため、手で掘ってコメツキガニを探し見つけて手のひらに載せ、大はしゃぎでした。
DSC_4488.jpg
DSC_4512.jpg

 まとめでは、採ったアシハラガニやコメツキガニ、ケフサイソガニ、貝類などを見せましたが、カニの中で小さく黄色い甲羅に黒い2つの点のような模様のカニの名前がわかりませんでした。写真を撮って私たちの宿題となりました。貝の浄化実験ではアサリはすぐ透明になり、ウミ二ナは数が少なかったのでアサリより少し劣りましたが、すごいねと声が上がっていました。
DSC_4531.jpg

 子どもたちからは、「絶滅危惧種はどれくらいいるか」「人工島ができてどう変ったか」「干潟にいる鳥は他の鳥とどう違うのか」など質問が出されました。感想は「濡れたけど、カニ採りが面白かった」「カニや鳥が色々見れて楽しかった」など、水遊びやカニ採り、貝掘りなどの楽しい遊びを体験したという感じでした。長靴をはいていない子どもも多かったのですが、替えの靴のない子は1人だけでした。
 ガイドの反省会では、打ち合わせの際に、スコップや長靴など持参するものの確認と、それが必要なわけなどの念押しが必要であること、ガイドは少人数が対象でもマイクをつければリードしやすいと意見が出ました。(E・I)

以上

観察された鳥:クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ、ミサゴ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、カルガ
モ、トビ、ハシボソガラス、ハシビロガモ、スズガモ、オオバン、カンムリカイツブリ、アオサギ、ダイサギ、小サギ、ハクセキレイ、ウグイス、
観察された生き物:アシハラガ二、コメツキガニ、ケフサイソガニ、不明ガニ、アサリ、オキシジミ、
ソトオリガイ、ホトトギスガイ、ユウシオガイ、マガキ、アラムシロガイ、ウミ二ナ、ホ 
ソウミニナ、ハマトビムシ、イトゴカイ       
観察された海そう:アオサ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/226-f8c5aaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク