11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ウォールレスジャパンの和白干潟観察会 報告/アオサの掃除を皆良く頑張りました 

ウォールレスジャパンの和白干潟観察会 報告
                                                     
日時:2015年11月7日 (土)11:40~14:00 曇り、若潮 満潮:7:06 干潮:12:58 
参加人数:子ども25名、引率者9名
守る会ガイド:3名
回収したアオサやゴミ:約40袋

 11:00前から海の広場に到着した子供たちは、市道のゴミ集積場所に移動してお弁当を食べてから、海の広場に集合して観察会に移りました。始めに、山本さんが生き物の手袋を使い挨拶をして、守る会ガイドが自己紹介をしました。和白干潟の話では、子供のころは和白子ども海水浴場であり毎日泳いだこと、沢山の人たちが潮干狩りに来ていたこと、大人になり干潟が埋められる計画を知り、埋立てないで欲しいと市に要請したことで、埋立てられなかったことなどを話しました。皆さんも守りたいことや、してほしくない事など、自分の考えを声に出して行動に移してみると、叶うことが有るかもしれません、皆さんが大人になっても和白干潟を守る人になってほしいと話しました。次に紙芝居を使って、外海と内海の違いや、渡り鳥のルートになっていることなど、鳥や生きものを詳しく説明しました。
和白干潟のお話し

 バードウォッチングでは、望遠鏡でクロツラヘラサギ、ハマシギ、サギ類、マガモ、ヒドリガモなどを見て貰いました。
野鳥観察
クロツラヘラサギ
ハマシギ

 熱心に見入る子もいましたが、早く干潟に出たくて砂浜の穴を掘る子もいました。次にアシハラガニを採りに行きましたが、カニは人気が有ります。アシハラガニはたくさん採れました。次は干潟に移動してコメツキガニを掘りしましたが、中にはコメツキガニも手では持てない子もいました。アサリの採り方を教えて、浄化実験のボトルに入れて貰いました。ウミニナもボトルに入れてもらいました。小さいアサリが沢山いて、浄化実験のボトルは直ぐにいっぱいになりました。
生きもの観察
生きものを見せる

 まとめでは、カニや貝を順番に見て貰いました。別々に各自が参加しているためか、説明に大分時間が掛かりましたが、熱心にカニや貝などを見ていました。採ったアサリを持ち帰りたいと言う子がいて、皆に聞きましたが、和白干潟での観察会が終わると海ノ中道海浜公園のキャンプ場で一泊するために、持ち帰ることをあきらめました。最後にアシ原の上に堆積して白くなったアオサをソリに乗せて、運びました。アオサの掃除を皆良く頑張りました。 (S・T)

アオサ清掃

以上

野鳥:ミヤコドリ3羽、クロツラヘラサギ10羽、ハマシギ200羽、シロチドリ30羽、ミユビシギ2羽、トウネン10羽、ミサゴ2羽、トビ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、ヨシガモ、スズガモ、カンムリカイツブリ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、カワウ
生きもの:アサリ、オキシジミ、ユウシオガイ、ホトトギスガイ、ウミニナ、ホソウミニナ、アラムシロガイ、ツボミガイ、マガキ、コメツキガニ、アシハラガニ、マメコブシガニ、ヤドカリ
海そう:アオサ
植物: 花:オオジシバリ  紅葉:ハゼ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/225-55de56ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク