11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/今日は埼玉県からの参加者や、途中に長崎県と大阪の観察者にも出会いました 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-

2015年11月8日(日) -晴れのち曇り- 中潮(干潮 13:36 満潮 7:50)
[観察鳥種] 47種 [参加者数] 13名 

 天気予報では一日中雨でしたが、晴れて暑くなりました。海の広場方面に向かいました。和白4丁目海岸に降りると、海は満ちており、砂洲付近にクロツラヘラサギや淡水ガモたちが休んでるのが見えました。
探鳥会のようす
クロツラヘラサギとカワウ

鉄塔のミサゴや沖の海ガモも見ました。
ミサゴ

淡水ガモは増えて1000羽以上が見られます。種類も数も増えてきて嬉しいです。潮は引きかけでしたので、海岸を歩いて海の広場へ向かいました。途中の溝もどうにか渡れました。気温が高くて、干潟沿岸に堆積したアオサが腐っています。潮が引き出すと腐ったアオサが出てきて、臭いました。アオサは踏むと滑るので、注意して歩きました。

海の広場から砂洲を見ましたら、カワウが500羽以上やってきて黒い壁を作って休んでいました。カワウと並ぶとカモが小さく見えます。黒いカワウに白いクロツラヘラサギが目立ちました。
カワウ

砂洲の手前側では黒いオオバンが20羽くらい、アオサを食べながら近寄ってきます。紅葉したハゼやナンキンハゼなどを見ながら、アシ原の中道を歩きました。
ナンキンハゼ

アシ原ではオオジュリンが飛びだしたりして、冬鳥の渡来を知らせます。木のてっぺんで高鳴きをするモズも観察されました。砂洲へ出ようとしたら、気配を感じたカモたちが次々と飛び立ち、沖へ移動しました。次はカワウの群れで、迫力がありました。一緒にクロツラヘラサギも飛びましたが、少し海側に移動しただけでした。

沖の海ガモに混じって、カンムリカイツブリやウミアイサも観察できました。海水が引くのを待っていましたら、チョーチョーとアオアシシギの声がします。
アオアシシギ

トウネンやシロチドリも見られました。30羽くらいのハマシギたちもやってきて、あちこちと移動しながら100羽以上に増えていきました。
ハマシギ

17羽に増えたというミヤコドリを見たかったけれど、12時を過ぎたので鳥合わせをして解散しました。解散後に3羽のミヤコドリが見られたそうです。今日は埼玉県からの参加者や、途中に長崎県と大阪の観察者にも出会いました。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・晴れて鳥たちが輝いて見えた。  ・クロツラヘラサギに会えて良かった。 
・カワウの群れがすごい。     ・ハマシギやトウネン、アオアシシギが良かった。  
・ヨシガモを良く観察できた。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/224-f3c77d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク