11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

福岡県立柏陵高等学校の和白干潟観察会 報告/一段と雨も激しくなった中を、環境に関心のある生徒だけに文句も言わずにがんばりました 

福岡県立柏陵高等学校の和白干潟観察会 報告
                                                     
日時:2015年10月27日 (火)13:00~15:30、 雨、大潮・満潮:9:24 干潮・15:11
福岡県立柏陵高校環境化学科コース1年生の和白研修 (生物探究校外実習)40名と先生4名 
守る会ガイド:5名

 生徒たちの目的は、博多湾東部の和白干潟には多くの底生動物が生息し、世界的貴重な水鳥が飛来する場所であり、人と自然との関わりについて学習し、環境問題の意識を高めるために実施されました。
 12:50に予定時間より30分早く海の広場に到着した高校生たちは、お揃いの雨用合羽上下を着て雨に備え準備をして来ました。守る会も打ち合わせを急ぎ、小雨のうちにと13:00より観察会を始めました。最初に生徒代表の挨拶が有り、山本さんは生きものの手袋を使って挨拶した後で、子供のころの和白干潟のことや、干潟を埋めないでほしいと市に要望書を出した後、干潟は埋立てない代わりに沖に人工島が出来たことや、自分達が住んでいる近くにこんなすばらしい所が有ることを誇りに思い、大人になっても守ってほしいと話しました。
挨拶

守る会ガイドの自己紹介を済ませて、紙芝居を使いながらカニや、鳥などの紹介をしました。
バードウォッチングでは、クロツラヘラサギ、オオソリハシシギ、オオバン、カワウ、カモを幾種類か見て貰いましたが、さすがに高校生なので望遠鏡を低くしなくてもよかったこと、熱心に観てくれた子も多くいました。
バードウオッチング
オオバンとハマシギ

クロツラヘラサギを見て「可愛い、すごい」と言った子もいました。その後アシ原の方に行きアシハラガニを探しに行きましたが、カニは高校生にも人気が有るようで、必死で追っかけて何匹も捕まえることが出来ました。
アシハラガニを捕まえた

その後沖の方に移りアサリやウミニナの浄化実験用のボトルに、採った二枚貝、ウミニナを入れて貰いました。
干潟の生きものさがし
干潟の生きものを確認

雨も激しくなりましたが、何時ものようにまとめの時に皆で採った、カニ、貝、海そう、植物の実を見て貰いました。浄化実験用のボトルは約1時間でしたが大成功で、透きとおった水を見て貝やウミニナの浄化能力にみんな凄いと感心していました。
浄化実験

最後に、広場に帰りながらそれぞれがソリ一杯にアオサを載せて、一部アオサでヘドロになり硫黄のような臭いがする中を一生懸命に運んでくれました。一段と雨も激しくなった中を、環境に関心のある生徒だけに文句も言わずにがんばりました。
アオサ掃除
終わりの挨拶

おかげさまでゴミ袋約30個分位の回収でした。 (S・T)

以上

観察された鳥:クロツラヘラサギ3羽、ハマシギ110羽、オオソリハシシギ2羽、ダイシャクシギ2羽、シロチドリ20羽、ミサゴ1羽、オオバン50羽、トビ3羽、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、スズガモ、ウグイス、ヒヨドリ、
観察された生物:アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、ウミニナ、ホソウミニナ、マガキ、ユウシオガイ、アラアムシロガイ、ヤドカリ、クルマエビ、アシハラガニ、コメツキガニ、マメコブシガニ、オサガニ、ハマガニ、ケフサイソガニ、クロベンケイガニ、イトゴカイ、ハマトビムシ
観察された植物:ハママツナ、実:センダン、シャリンバイ、クコ、ノイバラ、テリハノイバラ、 花:ウラギク、クコ、海そう:アオサ、オゴノリ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/222-cfc24eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク