11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

夏休み!「和白干潟の生きものやハマボウを見る会」/楽しい観察会でした。  

夏休み!「和白干潟の生きものやハマボウを見る会」報告

● 日 時:7月22(日) 14:00~16:15 晴れ
● 場 所:和白干潟海の広場~牧の鼻
● 主 催:和白干潟保全のつどい
● 講 師:藤井暁彦 (九州環境管理協会)、山本廣子(和白干潟を守る会)
● 参加者:合計53名
一般参加36名、港湾局4名、ウェットランドフォーラム1名、藤井さん家族5名、和白干潟を守る会7名。

天気予報では雨が心配されましたが、日差しが強い夏空でした。夏休みだったこともあり、子ども連れの参加者が多かったです。
開会式では、守る会代表の山本さんが企画の趣旨説明を、その後港湾局環境対策部長の桃崎さんが開会の挨拶、港湾局の吉武さんが観察マップの使い方説明を行った後、講師の藤井さんを先頭に海の広場を出発しました。

アシ原付近ではアシハラガニがたくさんおり、子どもたちはカニを捕まえようと一生懸命でした。
アシハラガニ

アシ原前・砂州付近では、みんなで地引き網を引きました。かかった魚はクサフグ、マハゼ、サッパなどで、特にクサフグが多かったです。藤井さんの話しでは、クサフグは干潟や河口付近に卵を産みにくるとのことでした。
クサフグ

今日は潮が高く、唐原川河口では陸路を通って渡ろうかと思いましたが、浅瀬を探し、唐原川を渡りました。
唐の原川河口を渡る

唐原川河口左岸では、ハママツナや自生のハマボウを観察、ハマボウは花を付けていました。
ハマボウ

次にハクセンシオマネキを探しました。最初は見つかりませんでしたが、アシ原の中をよく見るといました「ハクセンシオマネキ」、人が近づくと巣穴に隠れ、足を止めてじっとしていると又姿を現します。
ハクセンシオマネ

牧の鼻海岸に入ると景色は岩礁地帯に一変、表面はアオサに覆われています。岩にはマガキやフジツボ、アマガイ、タマキビガイなどが付いていました。子どもが大きなサルボウの貝殻を発見、また、ヤマトオサガニの巣穴を掘っていたら、テッポウエビが出てきました。
牧の鼻ではハマボウの花を観察、主株のハマボウには沢山の花が咲いており、高さは5m、周囲は23mありました。周りには自生のハマボウや3年前に植えたハマボウが数十本あり、今年はそれらも花を咲かせていました。来年が楽しみですね。

みんなでゴミ拾いをした後、観察会のふりかえりをしました。
藤井さんのまとめ
参加者からは、「テッポウエビの音を聞いた」、「小さなイソギンチャクを見てかわいかった」、「魚を捕まえたことがなかったので地引き網漁の体験が出来てよかった」、「アシハラガニが沢山いて良かった」、「ハマボウの花が綺麗だった」などの感想がありました。

日差しも強く、厚い最中の観察会でしたが、干潟の生き物観察のほか、地引き網漁なども体験できて楽しい観察会でした。
地引網

ハマボウ記念写真

回収したゴミの量:燃えるゴミ1袋、燃えないゴミ1袋でした。 (Y・Y)
以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/22-5dcfc230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク