11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「チームエナセーブ未来プロジェクト ダンロップ」グループの和白干潟観察会とクリーン作戦 報告/浄化実験はアサリもウミニナも大成功でした 

「チームエナセーブ未来プロジェクト ダンロップ」グループの和白干潟観察会とクリーン作戦 報告

とき :2015年10月18日(日)10:00~13:00 中潮(満潮:12:46 干潮:18:10)
場所 : 和白干潟
参加者: ダンロップ九州と日本ユネスコ協会連盟等スタッフ47名(子ども10名)
回収されたアオサ:135袋、人工ゴミ5袋、粗大ゴミ1個

 今日も快晴で鳥も数を増し、カニも穴から出てくれて、観察会に恵まれた日でした。
IMG_0728 650x554
IMG_0720 700x566

ミヤコドリやクロツラヘラサギ、オオソリハシシギなどを見てもらいました。
IMG_0758クロツラヘラサギ
IMG_0768 800

潮が満ちてくる中、急いで干潟の観察に行きました。
IMG_0755 700x535
IMG_0788クルマエビ900

コメツキガニやウミニナ、オサガニなども見ることができました。少し沖に出てアサリを掘り、ウミニナと別の浄化実験のペットボトルに入れてもらいました。最後にアシハラガニのいる水路付近でアシハラガニやクロベンケイガニを捕まえました。
IMG_0776 700x558

 クリーン作戦もソリやリヤカーを使ってアオサの回収がスムーズに行われ、参加人数のわりには多く回収できました。子どもたちは観察会もクリーン作戦も熱心で、また楽しみながら笑顔で和やかな光景でした。沿岸のアオサはもうヘドロ化していて臭かったのですが、小さな子どもたちは一生懸命でした。
IMG_0794 700x486
IMG_0830 700x518

 浜辺でのお弁当も美味しく、その後の貝の浄化実験結果を見せてあげるのも良かったです。浄化実験はアサリもウミニナも大成功でした。(T・K)

以上

観察された鳥:クロツラヘラサギ5、ミヤコドリ2、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オオソリハシシギ2、ダイシャクシギ2
         カワウ、トビ、ミサゴ、ダイサギ、コサギ、アオサギ
カニ:コメツキガニ、オサガニ、ケフサイソガニ、アシハラガニ、クロベンケイガニ
カイ:アサリ、オキシジミ、ソトウリガイ、ユウシオガイ、ウミニナ、ホソウミニナ、ホトトギスガイ、アラムシロガイ
その他:クルマエビ、ハマトビムシ、ヨコエビ、ゴカイ、
観察された花:ウラギク、ハマサジ
紅葉:ハマボウの葉、ハママツナ
穂:ダンチク、キンエノコロ、アシ

反省点:鳥の観察の前には、干潟に入らないように事前に参加者に注意しておくこと。
     満開のハマシオン(ウラギク)を紹介できなかったこと。

☆プロジェクト未来遺産は、日本各地の文化・自然遺産を守り、未来へ伝えようと努力している地域を愛する市民団体の活動を応援する運動です。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/219-8fc75f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク