11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

MS&ADグループ「和白干潟の自然観察会とクリーン作戦」の報告/干潟の広さを実感してくれたでしょうか? 

MS&ADグループ「和白干潟の自然観察会とクリーン作戦」の報告
                                        
日時:2015年10月17日(土) 14:00~16:00
場所:和白干潟  潮:中潮(満潮12:05~干潮17:36)
参加者:MS&ADグループ(約101名の親子(子20名)、守る会7名
回収ゴミ:アオサ:約100袋、燃えるゴミ:8袋、粗大ゴミ:発砲スチロールの浮き

 MS&ADグループは、保険関係の企業の集まりで今日のような催しごとを、全国的で10カ所位やっているとの挨拶でした。若い働き盛りの男女と子どもさん達は干潟に来て別世界に来たとの感もありました。皮靴の方もありましたが皆笑顔でした。干潟に来たのに虫取り網を持って来られたのは初めてでした。カマキリは捕れたかな。
M005.jpg

 広場前の海岸線には、アオサが半分乾いた状態で積み重なり、引いて行く干潟には又大きな塊がいっぱいありました。山本さんは和白干潟の紹介や守る会の保全活動についてと、これからみんなが気を付けて欲しいことを話しました。
M007.jpg

 潮が引いて干潟が広くなっていくと、鳥達は遠くなり、お友達同士のお喋りが楽しいようでしたが、望遠鏡で鳥たちを大きく見れた子どもたちは喜んでいました。
M011.jpg
M015.jpg

 アシ原に向いました。子ども達はカニに興味があります。アシハラガニを捕まえて喜んでいる女の子に話しかけたら、「和白小学校4年生」と言いました。和白干潟の事になると、お母さんより詳しいのです。
M016.jpg
 
 沖に向いアサリ採りになりましたが、アオサの堆積したところを通らねばなりません。ドロドロのアオサに踏み込むには勇気がいったことでしょう。

 干潟は全面と言って良いほどにアオサで覆われていました。しかし皆の手で探してアサリも見つかりました。
M013.jpg

 ホソウミニナは拾い集めてこれも浄化実験に参加です。
M029.jpg

 コメツキガニを小さなスコップで掘り出して親子で喜んである姿には、思わず「良かったね」と声をかけました。干潟の砂地で輪になり、今日採れたカニ、貝、海草などを見て貰いました。
M023.jpg

 最後はクリーン作戦の部です。アオサ運びに頑張ってもらいました。
M031.jpg
 すでに砂洲付近に置いていたソリや一輪車などにアオサをいっぱい積んで運んでもらいました。
M036.jpg
M032.jpg

 アシ原におおいかぶさったアオサを見て、「満潮の時はどこまで潮が来るのですか」と聞かれました。「アシにからんだアオサのところまでです」と言ったら、広く引いた干潟と見比べてありました。干潟の広さを実感してくれたでしょうか? (S・T)

以上

M037.jpg

観察された鳥:ダイサギ2・ハマシギ3・マガモ・スズガモ・ヒドリガモ・ダイサギ・カワウ
生き物:アシハラガニ・コメツキガニ・クロベンケイガニ・ウミニナ・ホソウミニナ・アサリ・オキシジミ・ホトトギスガイ・ユウシオガイ・アラムシロガイ・ヤドカリ・ハマトビムシ・シロスジフジツボ・マガキ・クルマエビ
植物:ウラギク(花)ハマナデシコ(花)・ハママツナ
海草:アオサ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/218-70ae9ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク