11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/和白干潟にも冬鳥が渡ってきました 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-

2015年10月11日(日) -晴れ- 大潮(干潮 14:44 満潮 8:49)
[観察鳥種] 26種 [参加者数] 13名

 朝晩は寒くなり、季節は秋です。和白干潟にも冬鳥が渡ってきました。今日は大潮の満潮時で、海の広場方面に向かいました。和白4丁目海岸に降りると、北西の風が強く吹きつけて寒かったです。沖は白波が立っています。
探鳥会の様子

 ミサゴが多く見られて、鉄塔にも海中の棒上にも、上空を飛んでいる姿も見ました。満潮時で、海の広場から砂洲付近にクロツラヘラサギやサギ類、淡水ガモたちが休んでいます。ホウロクシギとダイシャクシギやカワウもいます。カモたちは全部で300羽くらいいました。これからどんどん増えていくと思うと、とても嬉しいです。
クロツラヘラサギとカモたち
クロツラヘラサギとダイシャクシギ「
ダイサギとコサギとアオサギ

 和白干潟の冬らしい風景になってきました。しかし例年のことですが、アオサが多く打ち上げられて和白干潟を痛めています。ヒドリガモがアオサをさかんに食べている姿は、頼もしいですね。
ヒドリガモの群れ

 満潮で海岸が歩けなかったので、道路から海の広場まで歩きました。先ほどの鳥風景をより近くから見ることができました。ヒドリガモが多かったのですが、オナガガモも増えてきました。少しずつ海が引いてきて、鳥たちが動き出します。海上に浮かぶカモたちも見られるようになりました。
 アシ原は秋の気配です。ウラギク(ハマシオン)が紫の花を咲かせています。
ウラギク

 センダンの実がたわわに実り、シャリンバイの実が黒くなり、ノイバラの赤い実がたくさん生っています。
センダンの実
ノイバラの実

 クコやシロバナサクラタデの花が咲き、ナンキンハゼの葉が紅葉しています。
シロバナサクラタデ

 アシ原入口付近の植物は、港湾局のアオサの掃除車により踏みつけられて倒れてしまいました。紅葉が期待されたハママツナやハマニンニク、ハマサジは無残になぎ倒されていて、残念です。アシ原の中道では背丈より大きなアシの穂がだんだん膨れてきました。アシ原や樹林帯への冬鳥の渡来が待たれます。砂洲へ出てクロツラヘラサギやカモたちを後ろから見ることになりました。対岸の雁ノ巣に飛来している11羽のミヤコドリのうち1羽が確認できました。海の広場方面にも早く来てほしいですね。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・クロツラヘラサギに会えて良かった。 ・ホウロクシギがステキ。  
・ヒドリガモが多く見られた。    ・ミサゴがかっこよかった。
・アオサが多かった。   ・風が強く寒かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/217-bc92f021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク