11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-/参加いただいた皆さま、お疲れ様でした 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-

2015年9月13日(日) -晴れ- 大潮(干潮 15:45 満潮 9:42)
[観察鳥種] 24種 [参加者数] 17名

このところ雨が多い天候が続きましたが、今日は晴天です。気温は少し下がり、秋の気配が感じられます。セミの声に代わってコオロギなどの虫の声が聞こえます。和白川方面に向かいました。通り道の家の庭の大きな木に大きなザクロの実がたわわに生っています。トンボはウスバキトンボに代わってシオカラトンボが飛び回っています。今日は大潮の満潮時で海水もクリークの水もいっぱいでした。
シオカラトンボ

近くの鉄塔にはミサゴが休みに来ました。
探鳥会のようす
ミサゴ

遠くの唐原川河口付近にはホウロクシギ、牧の鼻付近にはウミネコの一群が浮かんでおり、岩の上や護岸にはサギの仲間やカワウが休んでいました。
カワウとコサギ

堤防の道端にはアレチヌスビトハギやメドハギ、クズなどの秋の花が咲いています。
アレチヌスビトハギ

ススキやセイバンモロコシ、キンエノコロなどの穂もついています。トベラやスダジイの実も生って、実りの秋ですね。
ススキ
セイバンモロコシの穂
トベラの実
スダジイの実

しかし、生垣の中にスズメバチの巣ができており、八チが飛び回っていました。「スズメバチに注意!」の張り紙もしてあり、注意して通りました。危険なので、区役所に駆除をお願いしようと思います。
スズメバチと巣

五丁川河口では木の上でに黒目が真ん丸のコサメビタキが止まり、望遠鏡でも見ることができました。
コサメビタキ

電線に止まったツバメの幼鳥が、色もきれいでとても可愛かったです。
ツバメ

川の中にはカイツブリの幼鳥が1羽泳いでいました。人を恐れない様子で、近くで観察できました。
カイツブリ幼鳥

奈多の護岸には、カワウとサギの仲間が休んでおり、イソシギが動き回っています。奈多のクリークの柵の上にキアシシギ4羽が止まっていましたが、飛び立ってしまいました。奈多の護岸の道は土のままです。道端にはツルボの紫の花がどこまでも続いていて、さわやかでした。
ツルボ

参加いただいた皆さま、お疲れ様でした。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・コサメビタキが可愛かった。 ・ミサゴが良かった。  
・ツバメが可愛かった。    ・カイツブリの幼鳥が無事に育ちますように!
・植物の花が色々見れて、良かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/211-dd9cc67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク