11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

8月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/皆さん、暑い中お疲れ様でした 

8月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:8/22(土)15:00~16:30
●参加者:24名 一般参加9名、守る会15名
●回収ゴミ:合計40袋 可燃ゴミ:27袋(アオサ、人工ゴミ)不燃ゴミ:3袋(携帯電話1)
●粗大ゴミ:布団1、バーべキュー用鉄板1、傘5など
●見られた鳥:カワウ7、アオサギ4、ダイサギ5、コサギ2、カルガモ4
●生き物:コメツキガニ、アシハラガニ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ウスバキトンボ、カマキリ
●植物 実:センダン、サワグルミ、ハリエンジュ、アキニレ、ナンキンハゼ、シャリンバイ、トベラ、ハマボウ、ネムノキ、ハマユウ 花:シロバナサクラタデ、センニンソウ、ハマナデシコ、メマツヨイグサ、ハマサジ、ツルマメ、ハマゴウ、ハマユウ、アキノミチヤナギ 穂:キンエノコロ、アシ、ヒトモトススキ

 真夏の晴天で参加者は少ないだろうと思っていましたが、あすみんのボランティア紹介で参加したネパール留学生や下原からの親子連れ(母と小6,小3)、常連の方々や守る会の団体会員「環衛サービス」の5名も加わって予想外に多く来てくださり、心強く思いました。
 クリーン作戦開始時には干潟がまだ出ていなかったのですが、引いていくとアオサが沿岸に打ちあがっていました。若い方が多かったので、沿岸部のアオサはほとんど除去することができました。また、夏休みのためか、缶類などもたくさん流れ着いていました。前日に大雨が降ったりしたのに、水は澄んでいて透視度が高かったそうです。
クリーン作戦2
クリーン作戦3

 終わってからテントの下で、冷たいお茶をのんで和やかに歓談しました。初参加のネパールの九産大修士留学生の方は、日本語も流暢で楽しく会話できました。下原から参加の小学生は、タバコの吸殻がたくさん落ちていることが印象に残ったと感想を述べてくれました。
 西日本新聞で和白干潟の「よかね!」などを連載で取り上げている宮上さんが、山本さんの案内でたくさんの植物に穂がでたり実がついたりしている和白干潟の初秋のようすを、取材されていました。連載記事はまとめて参加者の皆さんに紹介できるようにパネル化したいと思っています。
皆さん、暑い中お疲れ様でした。 (E・I)

ハマボウの実

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/209-de4f23be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク