11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様お疲れ様でした 

2015年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:6/27(土)15:00~17:00
●参加者全員:16名、一般参加4名、守る会12名
●回収ゴミ合計49袋: 可燃ゴミ:46袋(人工ゴミ9袋・自然ゴミ37袋)不燃ゴミ:3袋)
●粗大ゴミ:プラスチック籠 1個、
●見られた鳥:ミヤコドリ2羽、ダイサギ4羽、アオサギ4羽、カルガモ4羽、カワウ1羽、カワラヒワ1羽、ウグイス声、カラス(ハシボソ、ハシブト)

 今和白干潟では、アシが人の背丈より伸びていて、穂が出る前で全体が緑一色に輝きとてもさわやかです。後背林では濃淡がはっきりしていて全体を引き上げています。アシ原小道には、ハマナデシコが濃い小さなピンクの可憐な花を付けています、砂洲の付け根にはネムの花も咲きいい香りを漂わせています。クサヨシorヤマアワ?もさわやかな穂を出しています。
010.jpg
004.jpg

 干潟では、多くの生きものたちがとても活発になって、主にコメツキガニ、アシハラガニ、ハクセンシオマネキ、ウミニナ、潮が引くとタマシキゴカイの糞隗が沢山見られます、どうぞ皆さまも和白干潟にお出かけ下さいね
001.jpg

 クリーン作戦では、朝から雨模様で、降ったり止んだりの繰り返しでとても悩ましい一日でした。テントを張り準備をしていると3時ごろには幸いに止んでくれました。今回は学生の参加がなく少人数でしたが、粕屋町や飯塚市から遠路参加し下さいました。干潟にはボウアオノリが多く有り中にはアサミドリシオグサと大きく絡まったのも有りました。梅雨なのに大雨にならず川からの人工ゴミの流入も少なく、アシが伸びている為か、綺麗に隠れてしまっています。
005清掃
002.jpg

 回収ゴミ置き場には不とどき者が居て家庭ごみを置いていました、アルミ缶を家庭用の不燃物の袋いっぱいに入れたのや、紙おむつを何個も入れた袋を出した者も居ました。本当に腹立たしい、情けない行為ですね。清掃後はお茶を飲みながらの歓談や感想など有意義なひと時でした。帰る前にミヤコドリも来てくれました。
012お話し

 解散後には遠方から参加された2名の方には、きりえ館で高田さんが守る会の話をしました。また山本さんの切り絵を見たりされました。
参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。(S・T)

016集合写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/202-2a2be111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク