11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

玄海風の子保育園かぼちゃ組 和白干潟観察会報告/色とりどりの装いでその場がぐっと明るくなりました 

玄海風の子保育園かぼちゃ組 和白干潟観察会報告

日時:2015年6月12日 (金)10:10~12:10 晴れ 若潮 満潮6:06 干潮12:23
参加者:年長児24名先生3名カメラマン1名


海の広場に着くと望遠鏡を立てて準備をしました。牧の鼻近くの砂洲にミヤコドリ2羽とクロツラヘラサギ1羽が仲良く休んでいます。子ども達に見せてあげたいと思いながら待ちましたが、中々到着しません。全員が10分遅れて海の広場に到着しました。色とりどりの装いでその場がぐっと明るくなりました。着いてすぐにミヤコドリとクロツラヘラサギを見てもらいました。
野鳥観察

鳥の観察が終わると、山本さんが生きものの手袋で挨拶して、紙芝居を見せながら鳥や、カニ、和白干潟の話をしました。内海と外海の違いなどを分かりやすく話をすると、子供たちは静かに聞いてくれました。
和白干潟のお話

干潟では、アシ原の入り口でアシハラガニを採りました。
アシハラガニ

園児たちは元気良く沢山のコメツキガニを追っかけ、途中でアカエイが死んでいるのも見つけていました。唐原川の澪筋を越えたあたりで浄化実験用のアサリや、オキシジミを採りました。ウミニナは私たちが前もって準備をしておきました。
生きもの観察1
生きもの観察2

貝も上手に掘っていました。そこでまとめをしました。今日見つけた生きものたちを紹介しました。実験用の容器が大分綺麗になりましたので、その場で浄化実験結果も見てもらいました。
貝の浄化実感
であった生きもの紹介

全員でゴミを拾いながら帰り、澪筋を渡るときにはズボンをぬらした子、長靴に水が入った子もいました。
ゴミ拾い

海の広場に着き、透明になった浄化実験結果を見て貰うとさっきより綺麗になったと、子供たちから大歓声が上がりました。皆で記念撮影をして、山本さんのカモ笛を吹かせてもらって喜んでいました。着替えをして、日陰でお昼ご飯を食べてから帰るそうです。(S・T)
記念撮影

以上

観察された鳥:ミヤコドリ、クロツラヘラサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ、ウグイス、ハクセキレイ
観察された干潟の生き物:アシハラガニ、マメコブシガニ、コメツキガ二、ケフサイソガニ、ウミニナ、ホソウミニナ、アサリ、オキシジミ、アラムシロガイ、ゴカイ、ハマトビムシ、エイの死骸
観察された海そう:オゴノリ、ボウアオノリ、
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/199-4add3dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク