11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

キヤノンMJグループの和白干潟清掃後の潮干狩り報告/ 小雨が降りそうな空模様でしたから、清掃を早めに終えて潮干狩りを始めました 

キヤノンMJグループの和白干潟清掃後の潮干狩り報告

日時:5/23 16:10~17:10
参加:13名(キヤノングループ11名と一般の方2名)
場所:和白干潟沖合(唐原方面)

 小雨が降りそうな空模様でしたから、清掃を早めに終えて潮干狩りを始めました。唐の原川の右岸では小粒のアサリしか採れなかったので、左岸の方へ移りました。山本さんがあちこち小高く盛り上がっているところを掘ってみると少し太めのアサリが見つかりました。男の子の一人はドーナツのように砂を掘り、そこからオキシジミが次々出てくるので喜んで母親に報告していました。オキシジミはたくさん採れましたが食べなれていないようで、海に戻す方が多かったです。心配した雨は降らず、1時間弱の短い潮干狩りでしたが1回のお味噌汁ができたでしょうか。 (T・K)

キヤノングループの潮干狩り1
キヤノングループの潮干狩り2

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/197-2228d6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク