11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年・「キヤノン」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/お疲れ様でした 

2015年・「キヤノン」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告  

●日時:5/23(土)15:00~17:00
●参加者:54名、一般参加15名(内小学生2名、城東高校ボランティア部4名、福岡eco動物専門学校3名)、九州産業大宗像ゼミ16名、キヤノン10名、 守る会13名
●回収ゴミ合計65袋: 可燃ゴミ:61袋(人工ゴミ28袋・自然ゴミ33袋)不燃ゴミ:4袋
●粗大ゴミ:角材4本、杭2本、木の枝10本、バーベキュー用網1個、プラスチックボード1個
●見られた鳥、マガモ、カルガモ、ダイサギ、オオソリハシシギ1羽、チュウシャクシギ1羽、ハクセキレイ・山の鳥:ウグイス声、コゲラ、スズメ、

 今和白干潟のアシ原では、アシが大きく伸びていて緑一面に輝きとてもさわやかです。中道辺りには、ハマヒルガオが咲き乱れ、スイカズラやセンダンの花がいい香りを漂わせています。
026.jpg

 此処では後背林を含め、一年通して色々な草木の花や実、葉などを楽しむことが出来ます。つくづく自然が豊で貴重なところと、再認識をさせられます。干潟では、コメツキガニ、ウミニナなど底生動物も益々活発に活動する季節となりましたが、渡り鳥のカモやシギ類は少なくなり寂しさを感じます。

 本日のクリーン作戦は、一般の参加者が多く特に、学生さんが目立ちました。何時もこの位に一般参加者に関心を持ってもらえると本当に嬉しいです。地域の方の関心も増えてほしいですね。又毎月必ず参加の方や東区内の方で年に何回か出てくださる方など有り、とても有り難く感謝しています。
007.jpg
005.jpg

 今回、人工ゴミは意外と少なかったのですが、木枝や葉などが多く打ち寄せられていました。有る程度人数が多いと清掃前と後では見違えるように綺麗になります。初めて和白干潟に来られた方も「こんな良い所が有ったのですね」と言っておられました。清掃が早く終わり、山之内さんと田浦さんで、高校生や大学生とその先生方に水質調査や砂質調査を一緒に体験してもらいました。
016.jpg
013.jpg
024.jpg

清掃後はお茶とお菓子で歓談して散会しました。参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/196-eed404f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク