11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口干潟→海の広場→アシ原→唐原川河口→牧ノ鼻下-/海の広場やアシ原ではノイバラやシャリンバイの白い花が真っ盛りでした 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口干潟→海の広場→アシ原→唐原川河口→牧ノ鼻下-

2015年5月10日(日) -晴れ- 小潮(干潮 7:16 満潮 13:31)
[観察鳥種] 33種 [参加者数] 24名  

 今日はバードウイークで和白海岸探鳥会は福岡県と共催です。県からは2名の方が参加され、挨拶をしていただきました。参加者に野鳥のミニ図鑑などを配布いただきました。
和白探鳥会のようす

集合地の和白公園のクスノキもトベラも花が満開で良い香りが漂っています。
クスノキ

イソヒヨドリの美しいさえずりが聞こえます。和白川河口干潟では、コメツキガニがたくさんいました。
コメツキガニ

ハクセンシオマネキもいます。チュウシャクシギやソリハシシギたちが唐原川方面にいましたので、そちらに向かうことにしました。
チュウシャクシギ

海辺をゆっくり歩きながらシギやサギを見ました。潮干狩りの人たちも20人くらいいましたが、潮は満ちてきていましたのであまり気になりませんでした。
ダイサギ

沿岸のアシ原では、オオヨシキリの元気な声が聞こえます。沿岸にはツルナやハマゴウが大きく育っていました。ハマヒルガオが咲いています。
ハマヒルガオ

チュウシャクシギたちはカニを食べたり飛んだり忙しく動いています。何度も飛びましたが、和白干潟のたくさんのカニたちが気になってまた舞い降ります。海の広場やアシ原ではノイバラやシャリンバイの白い花が真っ盛りでした。
シャリンバイ

ウグイスのさえずりを聞きながら、大きなカニの穴を見ながら、アシ原を抜けて砂洲に出ました。カルガモが浮かんでいます。ツバメも飛び交っています。唐原川河口ではカワセミも見られました。牧ノ鼻下の岩干潟付近まで歩きました。遠くの浜辺にミサゴが降りています。今日は春の渡りのシギたちを見ながら和白干潟沿岸をぐるっと歩きました。FBS.TV.の取材がありました。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・シギたちをたくさん見ることができた。 ・カワセミがきれいだった。  
・自然を満喫できた。 ・鳥の種類が多いのに驚いた。 
・シギの低空飛行がすばらしい。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/194-91b2e44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク