11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「干潟・湿地を守る日2015」参加「春のビーチクリーンアップ参加」・「キヤノン」参加のクリーン作戦と自然観察/お疲れ様でした 

「干潟・湿地を守る日2015」参加「春のビーチクリーンアップ参加」・「キヤノン」参加のクリーン作戦と自然観察 報告  

●日時:4/25(土)15:00~17:00
●参加者:190名、一般参加3名、キヤノン6名、城東高校生154名(内教師8名)和白4区子供会15名(内大人3名)
守る会12名

●回収ゴミ合計86袋: 可燃ゴミ:82袋(人工ゴミ76袋・自ゴミ6袋)
不燃ゴミ:4袋)
●粗大ゴミ:犬の家1、炬燵掛け布団1、ヨットのマスト(帆)1、掃除機部品1、セメント製杭1、プラスチックケース1、すだれ1、木切れ、板、枝類 約30

●見られた鳥、オバシギ13羽、チュウシャクシギ17羽、クロツラヘラサギ4羽、ダイゼン2羽、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ダイサギ、アオサギ・山の鳥:ウグイス、

 今和白干潟では、春の渡りの季節でシギや、チドリが多く見られる様になってきました。毎日変化が有ります。干潟の生き物たちも活発になり、アシ原や後背林の緑も濃淡の差が出てきています。
ヤマフジが満開になり、中道には紫のハマエンドウ、黄色のオオジシバリにハタザオなども見ることが出来ます。ハマニンニクの穂も出そろい、広場入口のハリエンジュの白い花も咲き始めました。

 本日のクリーン作戦は、まず初めに「干潟・湿地を守る日宣言」を読みあげてから清掃を始めました。
008.jpg

 JAWAN(日本湿地ネットワーク)の方も千葉県より参加されていました。
010.jpg

 久し振りに城東高校生が大勢で参加して下さり、二手に分かれて唐原川河口右岸~広場、何時も出来ていない和白方面のアシ原の中の人工ゴミを沢山拾うことが出来ました。
011.jpg
012.jpg

 ゴミのほとんどが人工ゴミでした。人々が如何にゴミを所定の場所以外で捨てているかを如実に物語っています。大きな犬小屋を見た時には本当に情けなくなりましたが、お陰様で見違えるように綺麗になりました。
 参加された皆様有難うございました。お疲れ様でした。
033.jpg

 清掃終了後、本日参加いただいていたJAWAN事務局長の中山さんが守る会事務所まで来ていただき、少し懇談しました。 (S・T)
以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/192-5778d542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク