11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸  -和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多海岸-/今日は晴れて風も無く気持ちの良い一日でした 

定例探鳥会報告 和白海岸  -和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多海岸-

2015年4月12日(日) -晴れ- 小潮(干潮 8:28 満潮 14:54)
[観察鳥種] 38種 [参加者数] 19名

 今日は晴れて風も無く気持ちの良い一日でした。干潮時で、和白川河口から奈多方面に向かいました。和白川にはボラの子どもがたくさん泳いでいました。アカミミガメも日なたぼっこをしています。和白川河口の砂洲にコチドリとシロチドリとイソシギ、コサギなどがいて、幸先の良い始まりでした。
探鳥会のようす

 道端にはホトケノザ、セイヨウタンポポ、シロツメクサ、マツバウンラン、コメツブツメクサなどが咲いていて、春を歌っています。ベニシジミ(チョウ)も飛んでいます。ツバメも飛んでいます。ヒバリも鳴きながら上がります。
セイヨウタンポポ
シロツメクサ
マツバウンラン
コメツブツメクサ

 干潟ではダイシャクシギが近くで見られました。遠く唐原川河口にはオオソリハシシギやオバシギが餌を食べながら忙しく動いています。ホウロクシギも見えます。淡水ガモではオナガガモ、カルガモ、マガモなどが少数いました。潮干狩りの人たちも出ていました。のどかな干潟の風景です。牧ノ鼻の山も緑が萌えて生き生きと見えます。上空をトビやミサゴが飛んでいます。
ミサゴ

 沖合では夏羽のカンムリカイツブリやウミアイサもいます。塩浜堤防ではアキグミが花盛り、奈多堤防ではクロマツの花盛り。ハマエンドウも咲き出しています。
アキグミ
ハマエンドウ

 五丁川河口先では、廃船にカワウが羽を広げたりして休んでいました。五丁川河口の水たまりではカワセミが2羽、魚を取ったり木の枝に止まったりしていて、良く見ることができました。バンも急いで渡って行きます。
バン

 上空を100羽程のヒヨドリが群れで素早く飛んで行きました。五丁川河口先からは、和白干潟に集まってきたスズガモの群れが見られました。奈多のクリークではコガモ14羽が休んでいました。子供たちも参加してタンポポの花を摘んだり望遠鏡をのぞいたり、ゆったりとしたハイキングのような探鳥会でした。(山本 廣子)

【参加者の感想】
・カワウが羽を広げているところが良かった。 ・カワセミがきれいだった。  
・コガモを良く見たのは初めて。 ・スズガモの群れが良かった。 
・コチドリが可愛かった。  ・カワウの腹が良く見えた。   
・鳥の種類が多いのに驚いた。 ・気持ちがよくて、楽しい探鳥会だった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/190-8428f36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク