11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした 

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:3/28(土)15:00~17:00
●参加者全員:22名、一般参加9名(内幼児2名)守る会13名
●回収ゴミ合計55袋: 可燃ゴミ:54袋(人工ゴミ7袋・自然ゴミ47袋)
               不燃ゴミ:1袋
●粗大ゴミ:カーペット1個、浮き付きの(船用フロート止めロープ)1セット

●見られた鳥、ミサゴ2羽、ダイシャクシギ2羽、クロツラヘラサギ6羽、スズガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ダイサギ、アオサギ・山の鳥:ツグミ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ

 今和白干潟では、ハマニンニクの穂が出始めています。ハマダイコンの花や、後背地では山桜や、オオシマザクラ?が満開で、春の賑わいを見せ始めました。
ハマニンニク穂
ハマダイコン
山桜

 ハママツナの新芽にアシや、シオクグ、ホコガタアカザの芽もこの一月で随分大きくなってきました。
ハママツナ新芽

 一番良い場所にはハマウドが大きく葉を広げています。干潟ではコメツキガニが活発になり巣穴や砂団子が随分多くなりました。越冬のカモ達は大分少なくなりましたが、沖のスズガモはより多く集まっています。渡りの準備をしているのでしょうか?幅広く幾重にも長く列をなしています。クロツラヘラサギと、ダイシャクシギも仲間が増えました。これからは待望の春の渡りのシギ達を観ることが出来ますよ。朝はミヤコドリ8羽を観ることが出来ました。広場入口のハリエンジュの梢でホウジロが鳴いていると思いましたが、良く観るとメジロでした。朝からずっと鳴いています。こんなさえずりは初めて聞きました。又、運よくミサゴが水中にダイブする様子も観ることが出来ました。
野鳥観察

 本日のクリーン作戦は、人工ゴミは雨が降ってないせいか少なく、自然ゴミはアシの茎などが倒れ流れ込んだアシの茎が覆いかぶさり新芽の妨げになっていましたが、約7割が取り除けたのかなと思います。
クリーン1
クリーン2

 広場前~唐原川河口右岸迄清掃し、人数は少なかったのですが効率よく集めることが出来ました。家族4名で参加された方もありました。今回スズキ自動車福岡の方も2名が参加してくださり、若い力を沢山いただきました。
回収ゴミ 

 椋木さんも毎回欠かさずに参加して下さいます。最後にお茶を飲みながら歓談したり、クロツラヘラサギやダイシャクシギ、カモなどを観て貰ったりしました。初めて見る鳥たちに感激されていました。
記念写真

 参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。 (S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/188-c67e8f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク