11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/今日はハイキング気分で、だいぶ遠くまで歩きました 

定例探鳥会報告 和白海岸

-海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口右岸→唐原川河口左岸先
2015年3月8日(日) -快晴- 中潮(干潮 5:01 満潮 11:09)
[観察鳥種] 38種 [参加者数] 16名  

 今日は久しぶりに暖かい探鳥会でした。(1,2月の探鳥会は極寒でした。)集合地の和白公園の桜もたくさんつぼみがついていました。道端のスミレの花も咲いて、もうすぐ春ですね。
スミレ
 海の広場方面へ向かいました。和白4丁目の海岸に降りて、和白川河口にいるツクシガモやマガモ、オナガガモなどを見ました。
ツクシガモとオナガガモ
 暖かいので海岸にいてもゆっくり探鳥できました。
和白探鳥会のようす
 今日は対岸の雁ノ巣海岸にミヤコドリ9羽が見えます。海岸にはツグミが降りていました。
ツグミ
 水際にはクラゲの仲間がたくさん発生していました。
アカクラゲは大きくなっていました。2~3cmの小さなクラゲがたくさんいて可愛かったです。
クラゲの仲間
 海の広場からアシ原を砂洲まで歩きました。ハマダイコンの花が咲き始め、ハママツナの小さな芽がたくさん出ています。ハマダイコン
ハママツナ新芽
 ハマニンニクもだいぶ大きくなりました。ウグイスが上手にさえずり出しました。砂洲では遠くのスズガモの群れや求愛のポーズをするホオジロガモの群れを見たり、夏羽になりかけたカンムリカイツブリやハジロカイツブリを見ました。

 アシ原の沿岸を歩き、唐原川河口右岸へ行きました。休んでいたコガモたちを近くで見ることができました。さらに川を回って唐原川河口左岸へ出て、その先まで歩きました。牧の鼻の近くまで行き、ウミアイサのペアを見ました。
ウミアイサ

 今日はハイキング気分で、だいぶ遠くまで歩きました。西日本新聞東支局の記者も参加されました。            (山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・ハジロカイツブリが近くで見られた。 ・ツクシガモがきれい。
・ホオジロガモが良かった。  ・遠くでもミヤコドリが見られて良かった。
・カンムリカイツブリが良かった。  ・ウグイスの姿を見た。
・ウミアイサがステキ!

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/186-324cc441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク