11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/今日の探鳥会には兵庫県や鹿児島県の3名の方が参加されました 

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口→林→海の広場

2015年2月8日(日) -曇り後晴れ間 北西風強し- 中潮(干潮 5:56 満潮 12:7)
[観察鳥種] 34種 [参加者数] 16名

 北西風が強く吹き、寒い日でした。満潮へ向かう潮で、海の広場方面に向かいました。和白4丁目の海岸に降りて、和白川河口にいるツクシガモやマガモ、オナガガモなどを見ました。
探鳥会のようす
砂州のカモ達
オナガガモ

 海岸では風が強く吹き付け、とても寒かったです。海は白波が立っており、沖のスズガモたちが見え隠れしています。海岸にはツグミが降りてきていました。干潟にいるカモメがホイグリンカモメではないかと話題になりました。写真に撮りあとで調べるそうです。
ホイグリンカモメ?

 海岸を歩いて、海の広場まで行きました。先月の探鳥会後に、海の広場から樹林帯まで火事があっており、草や木々が黒く焼け焦げた跡を見てもらいました。冬は草が枯れて乾燥しており風が強いので、火には特に注意してほしいと思います。
 冬枯れのアシ原を砂洲まで歩きました。
アシ原を通って
 シロハラ、ツグミ、メジロなどが見られました。砂洲に出て海を見ましたが、海は波高く荒れており寒いので、またアシ原を通り唐原川河口へ行き、そこから樹林帯の外の道を歩きながら、小鳥たちを探しました。シロハラやアオジ、丸まって止まる可愛いヒヨドリなどが見られました。アロエの花の蜜を味わったり、キバナオキザリスの花や梅の花などを見ながら海の広場まで戻り、鳥合わせをしました。最後に砂洲にダイシャクシギが飛んで来て、皆を楽しませました。
ダイシャクシギ
 今日の探鳥会には兵庫県や鹿児島県の3名の方が参加されました。
(山本 廣子)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/183-b43f31db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク