11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

玄海風の子保育園かぼちゃ組 和白干潟の自然観察会報告/お別れの挨拶の後に、この笛を吹かせて貰って、それぞれに満足顔で帰っていきました 

玄海風の子保育園かぼちゃ組 和白干潟の自然観察会報告      

日時:2015年1月19日(月)13:00~15:00  
潮:大潮 (満潮 9:24)(干潮14:45)
場所:和白干潟とアシ原
参加者:かぼちゃ組26名と先生4名 保護者2名
     守る会4名

 今日の玄海風の子保育園の観察会は、前日の天気と打って変わった風の強い日で、和白の浜では珍しく白波が立っていました。お話の時は良く聞いてくれましたが、寒さが厳しく望遠鏡の中の鳥は遠く、動きも少なく識別が難しかったようです。
和白干潟のお話
バオドウオッチング
バオドウオッチング2

 葦原を通り、植物を見て行きましたが、あまり興味がありません。カニの穴が気になり、居ないかなと指を突っ込みます。ここは風が当たらず暖かでした。
アシ原観察
木の観察

 砂州に出ると風は容赦ありません。それでも男の子は澪筋に入りはしゃぎます。ぐっと水が引いた干潟では、貝を捜しカニをさがします。女の子が一人で砂を掘り始める、水が出てくる、カニは居ないかともっと深く掘る。それを手伝うもう一人の子が加わる、より深くなり水たまりも大きくなっていく。また二人が加わり掘ると足元が崩れる。それでもカニの姿は無い。ところが掘り出されて積み上がった砂の端に動かぬコメツキガニがいる。教えてあげると、小さな手の平に包み込み温めてやる優しさがある。私にも私にもと騒ぐ前に集合のカモ笛が聞こえ、広場に戻る。このカモ笛に人気がある。
干潟の生きもの観察
干潟の観察

 お別れの挨拶の後に、この笛を吹かせて貰って、それぞれに満足顔で帰っていきました。
まとめのお話

 服がぬれて風邪を引かないかと心配し、夏に観察に来てほしいと思いました。 (S・T)

以上

見た鳥:ツクシガモ・マガモ・オナガガモ・スズガモ・ミサゴ・トビ・ダイサギ・ツグミ・

生き物:コメツキガニ・アサリ・ウシオガイ・ホトトギスガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ホソウミニナ・ マガキ・ゴカイ・ソトオリガイ

植物: ウラギクの穂・アシの穂・センダンの葉痕・シャリンバイの実・マサキの実・オゴノリクコ
                                
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/180-e5bbd5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク