11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/浅瀬に浮いているマガモ集団の中にトモエガモの♂を見つけました 

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-

2015年1月11日(日) -晴れ 北西風強し-  中潮(干潮 6:56 満潮 13:14)
[観察鳥種] 48種 [参加者数] 12名

 集合地の和白公園でカササギの声を聞き、今年第1回目の探鳥会を始めました。
和白海岸探鳥会のようす
鳥インフルエンザが他県で起こっているので、福岡県の「鳥インフルエンザについて」を配布して、注意点を話しました。干潮後で潮が満ちてくることを願って、海の広場方面に行くことにしました。

和白4丁目の海岸では、和白川河口にツクシガモが20羽くらいいました。
ツクシガモ

ミヤコドリは9羽、ダイシャクシギは1羽が見られました。
ミヤコドリ

マガモやオナガガモなどの淡水ガモもいます。鉄塔にはハヤブサが止まっています。飛んだ個体もいて2羽が見られました。
オナガガモ

海岸を歩いて、海の広場まで行きました。北西の風が強く吹き付け、寒く感じました。沖にはスズガモの群れが浮いていました。ホシハジロやホオジロガモもいました。海の広場付近の樹林帯ではジョウビタキやメジロがいました。冬枯れのアシ原を砂洲まで歩きました。
シロハラ、ツグミなどの冬鳥が来ており、ルリビタキやミソサザイもいたそうです。
ツグミ

センダンやシャリンバイ、クコの実はもうほとんど無くなっており、小鳥たちの餌になったのかもしれません。

砂洲に出て、唐原川河口や和白川河口のハマシギやシロチドリを観察しました。
浅瀬に浮いているマガモ集団の中にトモエガモの♂を参加者が見つけました。1羽だけでしたが和白干潟では珍しいカモで、皆に人気でした。
トモエガモ

寒いのでアシ原の中に入り、早めに鳥あわせをして解散しました。アシ原の帰り道で潮が満ちて来て、ツクシガモや淡水ガモがすぐ近くで見られました。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・ トモエガモを見られて良かった。
・ ツクシガモがきれいだった。
・ ミヤコドリが近くで見られた。
・ ダイシャクシギがステキだった。
・ スズガモの群れに感動した。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/177-4eaf4263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク