11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

香椎東小学区5年生の和白干潟観察会/子供たちにとって思い出に残る楽しい一日であったと思います 

「香椎東小学区5年生の和白干潟観察会」報告
                                    
日時:2014年12月15日(月) 午前9時40分~11時30分
場所:和白干潟海の広場及びアシ原と沖合干潟
天候:晴れ  小潮 (満潮 15:55  干潮 9:17)
参加:香椎東小学校(4クラス154名・先生5名)
    守る会(9名)

 当初12月2日(火)に予定されていた、香椎東小学校5年生4クラス154名の和白干潟観察会は、寒波に見舞われ延期となっていました。今日は、このところの全国的な寒波襲来で心配していましたが、今年最後を思わせるような好天に恵まれました。
 本日の講師の山本代表も「皆さんの日頃の行いが良かったから」と最初に挨拶が有りました。とても良い雰囲気の中で、約15分間の予定で干潟のお話がスタートしました。干潟の役割、いかに大切に守って行かなければいけないものか、日本海側で唯一の干潟の希少価値、現在に至る推移、今後の期待など、みんな真剣に集中して聞いていました。干潟の鳥やカニ、貝や植物を紙しばいで見せながら今日のメニューを紹介しました。
和白干潟のお話
 次に9台の望遠鏡を使ってのバードウォッチング、ミヤコドリやハマシギ、ツクシカモや、ミサゴなど時間を忘れて次々に望遠鏡を覗いていました。
バードウオッチング
 次は各班二列に並んでアシ原に向かい、ハマシオンの綿毛を見ながら、センダンの葉根を興味深げに眺めています。途中アオサの滞留の臭いに驚いた様子でした。そしていよいよ干潟のアサリやカニを探して沖に向かいました。
生き物観察
 みんな長靴とショベルを用意し大騒ぎ、先生とのスキンシップもとりながら、各ガイドに質問がたくさん飛んでいる様子、子供たちは本当に楽しそうに干潟の生き物に触れていました。子供たちにとって思い出に残る楽しい一日であったと思います。
 最後に元の位置に集合し、今日のまとめや浄化実験の結果を見せました。今日の結果は寒くて時間が短かったことなどで、貝は海水の汚れをきれいにできていませんでした。きれいに浄化できているときの写真を見せて比べてもらいました。
浄化実験結果
 質問コーナーに移り疑問に感じたことなど何人かが挙手しました。感想も二人の男子が大きな声で、生き物の多さに驚いたことや、本当に干潟の大切さが解ったことなど発表していました。何人もが授業以外でもまた来たいと口々に名残惜しく帰っていきました。 (H・M)

以上
 
観察された鳥:ミヤコドリ(8) ツクシカモ(40) ハマシギ(200) シロチドリ(40) ダイシャクシギ、マガモ、オナガガモ、ヨシガモ、ミサゴ、コサギなど
観察された生きもの:アサリ、ウミニナ、オキシジミ、オオノガイ、ソトオリガイ、マガキ、フジツボ、ヨコエビ、コメツキガニ、マメコブシガニ、ゴカイなど
観察された植物:ハマシオンの綿毛、葦の穂、ハマサジ、ハマニンニク、クコの実など 
     海草:オゴノリ、アオサなど
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/170-489c64d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク