11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

アクアソーシャルフェス共催の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/企業の社会貢献意識の高まりと市民の環境保全意識を高める機会が増えていくことは、うれしい限りです。 

アクアソーシャルフェス共催の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:10/25(土)15:00~17:00
●参加者:98名:アクア参加者76名、守る会関係:一般10名(宗像ゼミ4名、留学生2名、その他4名)、守る会12名
●回収ゴミ:合計228袋:(可燃ゴミ:4袋 不燃ゴミ:1袋 アオサ223袋)

●鳥:ミヤコドリ7羽、ダイシャクシギ6羽、オオソリハシシギ1羽、ハマシギ20羽、カワウ10羽、イサギ、コサギ、アオサギ、カモ類(マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、スズガモ)コゲラ、シジュウカラ、ジョウビタキ
●植物:紅葉したハママツナ、ウラギク、クコ(花と実)
●干潟の生き物:コメツキガニ、アシハラガニ、アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、ウミ二ナ、ホソウミ二ナ、クルマエビ

 本日のクリーン作戦は、真夏のような強い日差しの下、西日本新聞社主催の「アクアソーシャルフェス」(トヨタグループの水をテーマにした地域社会貢献活動プロジェクト)の2回目で、和白干潟を守る会との共催で行われました。家族連れでの参加が多く、また若者の参加も比較的多く、アオサ回収を主体に取り組むことができました。
開会の挨拶
 前日までに何度か企業や高校生のクリーン作戦を兼ねた観察会があったこと、港湾局の清掃が入ったこともあり、アオサは少なくなっていましたが、これまで取りきれていなかった唐原川右岸付近のアオサを中心に回収しました。
清掃2
アシの中を清掃
 清掃後、希望者は「バードウォッチング」「植物観察」「干潟の生き物観察」の3グループに分かれ、守る会のガイドが案内して和白干潟の生態系を楽しく学んでいただきました。
野鳥観察
生きもの観察

 最後の感想では、「前回のアクアソーシャルフェスに参加して、和白干潟を守る意義を知ったから再び参加した」、「アクアを購入して初めてこの催しを知り、参加してよかった」「20年間福岡市内に住んでいたが、今回初めて和白干潟を知った。保全活動に参加してよかった」などのうれしい声が聞かれました。企業の社会貢献意識の高まりと市民の環境保全意識を高める機会が増えていくことは、うれしい限りです。(I・E)

集合写真
沈み行く夕陽

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/162-e7bcaf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク