11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

MS&ADグループの和白干潟観察会とクリーン作戦報告/企業による支援活動に和白干潟の保全活動を選んでいただき、感謝しています。 

MS&ADグループの和白干潟観察会とクリーン作戦報告

日時:2014年10月18日(土)10:00~12:00
場所:和白干潟  天候:快晴  潮:長潮 満潮 5:49 干潮 12:10
参加者:135名  (守る会:6名)

MS&ADグループは、あいおいニッセイ同和損害保険会社と三井住友海上保険会社などのグループで、和白干潟の保全活動に毎年来てくださっています。今回も多くの参加がありました。山本さんは「博多湾では干潟の減少と生物の減少が進んでいます。これからは人と自然の共存が大事であり、ラムサール登録地にこの干潟が登録されるように願っています。」と強調されました。署名もたくさんしていだきました。

今日は好天に恵まれ、また鳥たちも多く渡来していました。子どもたちも望遠鏡で鳥を観るのは初めてなのに、大変興味をもっていました。
バードウオッチング
干潟に出れば貝やカニなどみな珍しく、大人も子どもも動きません。まとめの時間になってもなかなか集まりません。ひとときを広い干潟でのんびりと過ごしたいのでしょうね。大きなアサリは少なかったですが稚貝が多くいました。アサリとウミニナの浄化実験もうまくいきました。
干潟の生き物観察
最後の20分でクリーン作戦です。沿岸に打ちあげられたアオサは乾燥して軽くなり集めてソリに載せるのは案外楽でした。アオサと人工ゴミで93袋と不燃ごみ1袋が集まりました。
沿岸のお掃除

多くの人達に干潟の大切さを知ってもらうために、このような行事がこれからも続いて欲しいと思いました。企業による支援活動に和白干潟の保全活動を選んでいただき、感謝しています。(R・K)

以上

観察された鳥:クロツラヘラサギ3羽、ミヤコドリ7羽、ダイシャクシギ、ホウロクシギ、シロチドリ、ハマシギ、ダイゼン、オバシギ、ミサゴ、淡水ガモ、海ガモ、カワウ、セグロカモメ
生き物   :コメツキガニ、マメコブシガニ、アシハラガニ、アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、アラムシロガイ、ホトトギスガイ、ユウシオガイ、ツボミガイ、フジツボ、
       ウミニナ、ホソウミニナ、ゴカイ、ヤドカリ
植物    :海藻・・・・アオサ
      :植物の花・・・ウラギク、
      :植物の穂・・・アシ、ダンチク、ヒトモトススキ、ヤマアワ
      :色づいた穂・・ハママツナ
      :実・・・・・・ナンキンハゼ、アキニレ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/161-921ea659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク