11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/台風接近のため探鳥会参加者が少なく、残念でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-
2014年 10月12日(日) -曇りのち小雨 風強し- 中潮(干潮 5:46 満潮 12:11)
[観察鳥種] 35種 [参加者数] 6名
 
 大型台風19号の接近のため不安な天候で、参加者は少なかったです。できるところまでということで開催しました。
探鳥会のようす

 10月に入り、和白干潟には冬鳥のカモたちが増えてきました。ミヤコドリやクロツラヘラサギも来ています。これから満ちてくる潮ですので、海の広場方面が近くで鳥たちが見られるので、久しぶりにそちらに行くことにしました。集合地の桜の木の葉が赤く色づき始めて、秋の気配を感じさせます。
ホウロクシギとクロツラヘラサギ
 海岸に出て、唐原川方面にカモたちがたくさん見えました。クロツラヘラサギは4羽、ホウロクシギやダイシャクシギ、オオソリハシシギが見えます。
ヒドリガモとオシドリ
 綿毛になったアシの穂を見ながら、海の広場まで歩きました。海の広場付近では色づき始めたハママツナの群落や見頃のハマシオンの花が見られました。
色づいてきたハママツナ
 遠く雁ノ巣の砂浜にいるミヤコドリ6羽とクロツラヘラサギ4羽を見つけました。牧の鼻付近にはスズガモの群れがありました。唐の原川河口にいる淡水ガモは300羽くらいいました。上空を鳴きながらダイゼンとホウロクシギの群れが飛びました。
 秋のアシ原の植物を見ながら砂洲まで歩きました。シャリンバイやヌルデやアキグミ、テリハノイバラの実が生っていました。シロバナサクラタデやナワシログミの花が咲き、ナンキンハゼの葉が赤く色づいてきていました。
ナンキンハゼ
ウラギク
 
 モズの高鳴きが聞こえました。砂洲にくるとヒドリガモの群れがすぐ近くにいて静かに近づきましたが、気配を感じてすぐに飛び立ってしまいました。群れの中にいる白メガネのオシドリたちを見つけました。昨年の探鳥会でもオシドリの群れが来ましたので、
渡りの途中に立ち寄るコースに和白干潟があるのかもしれません。ここで雨が降りだし風も出てきましたので、鳥合わせをして早めに解散しました。
 
 和白干潟にはたくさんの冬鳥たちが訪れていましたのに、台風接近のため探鳥会参加者が少なく、残念でした。多くの人にこのすばらしい鳥たちを見てほしかったです。 (山本 廣子)

【参加者の感想】
・ カモがたくさんいた。
・ オシドリが見れてよかった。
・ クロツラヘラサギやミヤコドリに会えて良かった。
・ 潮が良く、ホウロクシギやダイシャクシギ、オオソリハシシギが集まっていて、見やすかった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/159-6386e1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク