11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

国際ビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。 

国際ビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:9/27(土)15:00~17:00
●参加者:26名、一般7名の内(環衛サービス:3名、西南大大学院生1名、中村学園大学生1名、)九産大宗像ゼミ学生と先生で8名、守る会11名     
●回収ゴミ合計203袋: 可燃ゴミ:201袋(人工ゴミ16袋・アオサ185袋)不燃ゴミ:2袋。粗大ゴミ:流木(枝・板など4~5本 )
●鳥は、ホウロクシギ4羽、ダイシャクシギ1羽、アオアシシギ4羽、クロツラへラサギ2羽、ミサゴ1羽、カモ類約100羽、(マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ)、カワウ、多数のカラス

 今和白干潟では、今年も鳥達の渡りのシーズンがやってきました。越冬のカモ達が少しずつ飛来しています。冬の使者のミヤコドリも、昨日は香椎浜で2羽初認されていますが、今朝10:00頃には3羽が他の鳥達と一緒に砂州で羽を休めていました。クリーン後ではクロツラへラサギも観ることが出来ました。これからは沢山の鳥達が日毎に数を増やしてくれます。とても楽しみです。
 アシ原では、アシの穂が出て、中道にはシャリンバイの実や、クコも可憐な紫色の花を咲かせていました。また広場入口ではダンチクの穂が出そろっています。
2014_0927JT 画像0015
2014_0927JT 画像0014
2014_0927JT 画像0024

本日のクリーン作戦は、国際ビーチクリーンアップ参加のゴミデータ調査をしました。
2014_0927JT 画像0004

先ず調査の為の人工ゴミを集める班と、アオサ班とに別れてそれぞれ広場前~アシ原~市道前までを中心にしました。アオサ班はそりに載せ何往復も運ぶ事が出来ました。
2014_0927JT 画像0005
干潟の中のアオサは濡れていてとても重かったと思いますが、皆黙々と運んでいただき、人数の割りにはとても効率よく沢山のアオサを集める事が出来ました。
2014_0927JT 画像0009
2014_0927JT 画像0020
2014_0927JT 画像0037

人工ゴミ調査は守る会担当1名と産大生に担当してもらいました。
2014_0927JT 画像0041

清掃後には、お茶とお菓子で咽を潤してもらいながら、ゆっくりとクロツラへラサギ、ミサゴ等野鳥観察をしてもらう事が出来ました。 参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)
2014_0927JT 画像0049

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/157-f3ec3f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク