11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

環境省福岡事務所主催の和白干潟清掃活動/全国ゴミ不法投棄監視ウイーク 

環境省福岡事務所主催の和白干潟清掃活動への参加 報告

日時: 2012年6月4日(月)13:30~15:30
場所: 和白川河口~和白干潟海の広場~唐の原川河口
参加者: 16名:環境省九州地方環境事務所福岡事務所4名、国指定鳥獣保護区管理員2名、守る会9名、その他1名
回収ゴミ:45袋

 曇り空の下、環境省九州地方環境事務所 福岡事務所主催の初めての和白干潟清掃活動が実施されました。はじめに福岡事務所の蒲池所長より挨拶がありました。5月30日~6月5日までは「全国ゴミ不法投棄監視ウイーク」の一環として、これまで主に国立公園内で実施してきた清掃活動を和白干潟で実施することにしたとのこと。和白干潟は国指定鳥獣保護区に登録され2013年に一旦切れるが、おそらく再登録されるだろう、ラムサール登録の気運を上げる意味でも和白干潟の清掃を企画したということでした。

 先月末からアクアソーシャルフェスのクリーン作戦(85人参加)、ラブアースクリーンアップ(327人参加)など多くの参加者による清掃活動が続いており、ペットボトル、空き缶などの人工ゴミはほとんどなく、アシ原の奥の堆積した枯れアシやアオサなどの掃除を中心に行いました。今回は環境省の方々が中心で、参加意識も高く精力的に清掃していただき、集めたゴミはリヤカーや一輪車などで何回も往復し、ゴミ袋換算で45袋ありました。
①清掃光景IMG_0339a11L

 最後に、成果を発表し、和白干潟の環境保全活動の実態を知ることができてよかった、今後も訪れたいとのお話もありました。山本さんからは干潟を守る会の20年誌やリーフレットなどが手渡され、これからの交流を期待できるよい機会になったと思います。
②みんなで歓談IMG_0343a11L

 個人的には、清掃中に和白干潟の重要性、保全活動、環境教育、人工島の環境アセスの問題や、「生物多様性ふくおか戦略」素案についての話など若手の職員の方と意見交換できたことは大変有意義でした。次年度はJAWAN総会が当地で開催予定ということに関心を示されていました。
③全員集合IMG_0346a11L

(E・I)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/15-c8e0c91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【環境省福岡事務所主催の和白干潟清掃活動/全国ゴミ不法投棄監視ウイーク】

環境省福岡事務所主催の和白干潟清掃活動への参加 報告日時: 2012年6月4日(月)13:30~15:30場所: 和白川河口~和白干潟海の広場~唐の原川河口参加者: 16名:環境省九州地方環境事務所福岡
まとめwoネタ速neo [2012/06/10 14:03]

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク