11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多 -/探鳥会はいろんな方と知り合える貴重な場、大切にしたいものです。 

2014年 7月13日(日) -曇り- 大潮(干潮 16:32 満潮 9:58)

[観察鳥種] 25種 [参加者数]  7名

 明け方の雷雨で危ぶまれた探鳥会、幸い雨は上がり無事開催できた。この時季、野生の生き物は繁殖の季節である。大切な繁殖の場所に和白干潟を選んでくれた鳥達に感謝して、しっかり観察しようと思う。
探鳥会のようす

 満潮が9時58分で、9時30分頃は川も海もほとんど海水でいっぱいで川底も干潟も見えない。和白川河口でいつも見かけたアオサギは、今日は木の枝にいない。畑と川の間の道路を進むと、トキワススキの赤紫色の穂が並び、エノコログサも穂を付け、コマツナギが紫の花を咲かせていた。
トキワススキの穂
エノコログサの穂
コマツナギの花
 捨てられたジャガイモはカニの餌になっている。海に目を向けると、海上にウミネコが浮かんでいる。くちばしの先が黒く若鳥のようだ。海岸には数羽のサギが観える。すると鳥の群れが突然現れた。カワウである。70羽の群れが志賀島方向から飛来して、唐原川近くの海に着水した。並んで首を立てて泳ぎ、魚を取っている。ハクセキレイもツバメも幼鳥が見られた。  草に群れて実を食べるスズメも観察した。
スズメの群れ
 護岸の道ではトベラの実が生って、クズのつるがのびて花をつけていた。
トベラの実
クズの花
 東の空に1羽のタカを発見、鉄塔の高いところに止まった。RKB文字のBの位置で、羽繕いをしている。図鑑を見て種類を確認。ぎょろっとした大きい目、胸には横縞、足は黄色、爪は黒、ハヤブサの成鳥のようだ。タカの見分け方のポイントを教わった。
ハヤブサ
 クリーク横の庁舎のアンテナにカラスの巣を2個発見した。ハシボソガラスのものである。護岸の道ではさみの赤いカニ、背中の赤くなったものや、赤くない小さな子どももたくさん見かけた。
アカテガニ
 いつものオオヨシキリの声が聞こえる。
オオヨシキリ
 五丁川の両側には、ピンクの色が濃いハマナデシコが咲いていた。
ハマナデシコの花
 奈多近くの路上で餌を探すカワラヒワを見つけた。
カワラヒワ
 
 今日はウスバキトンボがたくさん飛んでいた。奈多で鳥合わせをして散会となった。

 探鳥会はいろんな方と知り合える貴重な場、大切にしたいものです。和白干潟は貴重な自然の残る鳥や生きものたちの繁殖の干潟です。ず~っと永く維持していきたいものです。次回は真夏の太陽の干潟でお会いしましょう。ありがとうございました。 (S・M)
以上

【参加者の感想】
・ハヤブサがしっかり観れて良かった。
・コチドリが可愛かった。
・スズメの群れが枯れ草の枝に留まっていたのが良かった。
・ハマナデシコがきれいだった。
・オオヨシキリが観れて良かった。
・カワウが良かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/147-780f4468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク