11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生 和白干潟自然観察会報告/「ぼくたちが和白干潟を守って行きます。」 

和白小学校4年生 和白干潟自然観察会報告

日 時:2014年6月25日(水) 14:00~16:10 中潮 干潮14:42
参加者:117名と先生4名    天候:晴れのちくもり
守る会自然観察ガイド:8名

和白小学校から歩いて来た子どもたちのほとんどは長靴を履いていました。
DSC_0052 800
干潟では、数日前から飛来してきているカラシラサギ・アマサギ・ダイサギ・アオサギ・コサギが、遠い水辺に並んでいました。子どもたちにとっては区別が付けにくいようでした。
DSC_0057 700
DSC_0098 700
干潟のお話を聞いたあとは浜に出ました。アシハラガニはすぐ見つかるが捕まえるには勇気がいります。
DSC_0017 800
いたるところにコメツキガニの巣穴があります。水たまりに取り残されたマハゼの稚魚。貝の掘り方を教えましたが、アサリよりオキシジミの方が多く見つかります。しかし捜す人が多いと浄化実験用の二枚貝も多くとれ、浄化実験は大成功。
DSC_0102 800
和白川河口にいるハクセンシオマネキの大群も見てもらいたいが、100余名で干潟を歩いて行くのはなかなか遊びが入り進みません。
干潟では一段と元気が出るようです。無事に和白川河口までついて、ハクセンシオマネキの大群を見ることができました。
DSC_0090 700
DSC_0082 800
ハクセンシオマネキ(和白川河口)IMG_3616a02L
DSC_0064 700
観察後の子どもたちの質問も多く、「ぼくたちが和白干潟を守って行きます」とあいさつで言ってくれました。地元で育った子どもたちが、地元の海を愛し大切にしてくれる大人になってほしいと切に思いました。梅雨さなかの午後。初めは晴れていたが後は照らず降らずで良かったです。(S・T)

以上

野鳥:カラシラサギ(3)・アマサギ(3)・コサギ(1)・ダイサギ(5)・アオサギ(3)・カワウ(1)・ウグイス(上手に鳴いた)
生き物:コメツキガニ・ツメアカベンケイガニ・ケフサイソガニ・マメコブシガニ・アシハラガニ・クロベンケイガニ・ハクセンシオマネキ・アサリ・オキシジミ・サルボウ・ユウシオガイ・マガキ・アラムシロガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ヤドカリ・アカニシ・ゴカイ・マハゼ・クルマエビ・ミズクラゲ・ヤドカリ・イトゴカイ
海草:オゴノリ・ボウアオノリ・アオサ・アサミドリシオグサ。
植物:ハママツナ・ハマサジ・ハマニンニク

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/144-5527b703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク