11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

6月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/「がんばって」と励ましてくださいました。 

6月ラムサール条約登録街頭署名活動報告

日時:2014年6月24日(火)11:00~12:00
場所:香椎西鉄高架下~キラキラ通り周辺
参加者:5名(山本、山之内、河上、田辺、今村)

 梅雨の晴れ間の強い日差しの下、香椎で署名を呼びかけました。晴天になったため買い物客は多かったのですが、思ったより署名に応じる人は少なく、高齢者がほとんどでした。これまで署名板の下部に「ラムサール条約を求める署名」と表示したパネルをつけていましたが、かえってわかりにくいのでは、と「和白干潟を守る署名活動」と変えてみました。「ラムサールって何ね?」と胡散臭そうに尋ねられ、説明すると「もうよか!」と断られたりしていたので、その点よかったように思われます。
 ベンチに腰掛けて署名して下さる高齢の方々は病院通いや買い物帰りが多く、バスや電車の便が悪い、近くのスーパーが閉店したなど、年取ってから不自由な思いをしなければならない不安を語りつつ、「がんばって」と励ましてくださいました。和白干潟を報道などで知っているという北九州の壮年の男性や、干潟にバードウォッチングに行ってみたいという中年男性もおられ、リーフレットが役に立ちました。
全体で、42名分の署名が集まりました。 
余談ですが、環境大臣あての署名をお願いすると、かなりの方々から「あの金目発言の~」という言葉が出ていて、皆さんよくニュースも知っておられるのだな、と感心しました。
IMG_1254★a11L
 
キラキラ通り入り口付近の福銀前の道路で署名活動をしましたが、買い物や銀行行きの方々が比較的に良く署名してくれました。高校生男子2名や会社員の若い女性グループなども良く話を聞いてくれました。ほとんどが東区の方で、知り合いの方もありました。(山本)
IMG_1258★a11L
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/143-95d1f8d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク