11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口 -/快適な探鳥会でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口 -
2014年 6月8日(日) -霧雨のち晴れ- 小潮(干潮 12:05 満潮5:30)
[観察鳥種] 29種 [参加者数] 9名  

6月8日はラブアースの日と重なり、参加者は少なかったです。京都からの方が同窓会のついでによられて、ミヤコドリを初めて見たと喜んでありました。脚に傷があるのでしょうか、カラシラサギが1羽とコサギが1羽共に行動していました。どちらも餌は食べていますがあまり遠くへは飛べない様子です。回復を祈っています。(あとで近くでカラシラサギ2羽だと確認しました。)
和白探鳥会のようす

和白川河口の砂浜にはハクセンシオマネキやコメツキガニが多くいました。シロツメグサやアレチハナガサの花が咲いていて、モンシロチョウや黄色いチョウ、ルリ色のかわいいチョウが飛び交っています。堤防の松にも小さな松ぼっくりが生っていて、キリンが首を伸ばしているようでした。
ヤマトシジミ
今年のマツボックリ

ツバメとスズメのヒナが畑にいて親鳥がせっせと餌を運んでいました。またツバメの空中給餌を見た人もいました。トビも畑でゆっくりと餌を食べていて、近くをコチドリが歩いていました。
トビ
コチドリ

だんだん晴れて暑くなりましたが風が気持ちよく吹いていて、快適な探鳥会でした。ラブアースに参加した2人の方が、途中から探鳥会にも参加されました。(T・K)

【参加者の感想】
・ブイの上にとまっているコアジサシがかわいかった。
コアジサシ
・コチドリの姿を近くで見てきれいだった。
・カワセミを見たかった。
・塩浜護岸から唐の原川付近のカラシラサギを見て、京都の方は「距離を感じた」そうです。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/142-3d0797cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク