11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ラブアース・クリーンアップ2014報告/無事今年のラブアース・クリーンアップを終えることができました。 

ラブアース・クリーンアップ2014報告

日 時: 2014年6月8日(日)9:00~10:20
場 所: 和白干潟海の広場周辺
参加者:91名 和白干潟を守る会:6名(野中、田浦、中嶌、田中、今村、山之内)
福工大付属城東高校:76名(先生5名、生徒71名)
株式会社 環衛サービス:7名
一般参加者:2名
回収したゴミ:52袋
 赤(燃えるゴミ):30袋
 黄(プラスチックゴミ):17袋
 青(空き缶、空き瓶):3袋
 麻(割れ物、不燃物):2袋

今年で23回目を迎えたラブアース・クリーンアップですが、朝の梅雨らしい霧雨から開始前にはうす曇りとなり、暑さも気にならず清掃活動に励むことができました。

まず、ラブアースののぼりを立て、付近5箇所に山之内さんがポスターを掲示した後、海の広場でテントを張り、準備しました。ラブアース・クリーンアップは地域ごとの取り組みとなっているところも多く、また、探鳥会とも重なり、参加者は期待できないと思っていましたが、福工大附属城東高校生が先生に引率されて多数参加してくださって、一気に干潟に活気があふれました。

担当の山之内さんによる開会挨拶、実行委員会名誉会長の市長からのメッセージを今村が読み上げ、ゴミの分別の仕方、範囲などの説明の後一斉に清掃活動に取り掛かりました。
①開会式IMG_7365★a11L
高校生の取り組み姿勢はきびきびしており、未来遺産登録証伝達式にも出席してくださった城東高校の先生方の熱意が生徒にきちんと伝わっていると感じました。また、環衛サービスの皆さんも、おそろいのユニフォームで、てきぱきと取り組んでいただきました。先日福工大で開催された大学生向けボランティア説明会に出席していた福工大生も1名参加され、これからが期待されます。
②清掃光景2IMG_7374★a11L
②清掃光景3IMG_7375★a11L

最後に山之内さんがゴミの集計を発表し、参加者の皆さんにお礼を述べました。また、高校生からもお礼の挨拶をいただき、無事今年のラブアース・クリーンアップを終えることができました。参加者の皆様お疲れ様でした。(E・I)
③スタッフ集合IMG_7386★a11L

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/141-067d8c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク