11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

5月ラムサール街頭署名活動報告/署名してくださる方との対話が、私たちを元気付けてくれます。  

5月ラムサール街頭署名活動報告

日時:2014年5月27日(火)16:00~17:00
場所:JR福工大前駅周辺
参加者:6名

 夕方の日差しの強い中、JR福工大前駅周辺で署名を呼びかけました。守る会メンバーが6名で、効率よく署名呼びかけができました。学校帰りの福工大生、高校生がたくさん呼びかけに応えて署名してくれました。
署名活動1
 駅ビルの「コミセンわじろ」の職員も署名して、前回の和白干潟のクリーン作戦に参加したことを話されました。一人の署名板に複数来られた場合は、すぐ誰かが駆けつけて順番待ちの無いように心がけ、全体で81名分の署名が集まりました。3月にはこの場所で雨の中、署名が30名分、4月の香椎では49名分でしたので、大幅アップにみんな大喜びしました。
署名活動2
 和白干潟を知らない県外や、県内からやってきた学生が意外に多く、年配の方では和白干潟を知っているという人が多いように思いました。中には、家族に教えたいからと和白干潟のリーフレットを持ち帰ってくれた高校生もいました。若い人たちに私たちの思いが伝わるこのような機会は大変貴重だと思います。
 今回は、野中さんが守る会のブルゾンを着て初めて街頭署名活動に参加され、熱心に呼びかけて署名をたくさん集められました。署名してくださる方との対話が、私たちを元気付けてくれます。
記念写真

 参加された皆様、お疲れ様でした。 (E・I)
以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/140-1316ca7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク