11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 海岸―海の広場-アシ原―砂洲―唐原川河口―牧の鼻公園/昨日掃除した唐の原川は水が澄んでいて、クサフグやボラ・ハゼの稚魚が泳いでいました。 

定例探鳥会報告 和白海岸 海岸―海の広場-アシ原―砂洲―唐原川河口―牧の鼻公園

2014年5月11日(日) -快晴- 暑い(28度)中潮(干潮 13:37 満潮7:18) 
[観察鳥種] 30種 [参加者数] 21名

 5月は愛鳥週間で参加費は皆さん100円になりました。新しく参加された二人のお子様連れ、埼玉県川越市から里帰り先で探鳥を楽しむ女性、カケスやカモその他の羽の木彫のブローチを沢山作って来てくださった男性もあり、和やかな会でした。
探鳥会のようす
 
 潮干狩りや犬の散歩の人がいで鳥はいるかと不安でしたが、アシ原の先付近でチュウシャクシギ、ダイゼン、キアシシギに会えてほっとしました。
チュウシャクシギ

コサギ
 コサギは夏羽になっていました。アシ原はアシの新緑の若葉が美しく、シャリンバイ、ノイバラ、スイカズラ、ハマヒルガオ、オオジシバリ、ハマエンドウなどの花々がたくさん咲いていました。「ハチクマは今でも渡っているから注意して」と田村さんが話され、よく見ると上空にトビもいましたがハチクマが2羽見えました。
シャリンバイ
ノイバラ
スイカズラ
ハマヒルガオ
オオジシバリ
センダン

 昨日掃除した唐の原川は水が澄んでいて、クサフグやボラ・ハゼの稚魚が泳いでいました。久しぶりに新緑の牧の鼻公園まで行って、涼しい東屋の下で鳥あわせをしました。帰途、キジバトがテレビのアンテナの上に羽を大きく広げて日光浴をしていました。それを下の方から眺めて珍しい仕草をするものだと感心しました。   (R・K)

【参加者の感想】
・チュウシャクシギをたくさん見ることができて良かった。
・ダイゼンの大きな目が可愛かった。
・スズメの幼鳥はくちばしが黄色で、親鳥と様子が違うところを見ることができた。 
・鳥を多く見たいならもう少し早く来たら、もっと多く会えると思う。
・シジュウカラの巣作りが見れた。
・暑い探鳥会でしたが、みんな頑張りました。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/135-352ebec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク