11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

キヤノン参加企画 「潮干狩り」/童心に帰ったように喜びを表し楽しんでおられる人とありました。 

キヤノン参加企画 「潮干狩り」

日時:2014年4月26日(土)16:30~17:15
場所:和白干潟沖合
参加者:キャノンMJグループ社員と家族14名 福大生と先生4名 守る会3名

 4月の定例クリーン作戦後に企画されていた潮干狩りは、連日晴天続きで申し分ない日でした。
今年の干潟全体の貝掘りの人たちは少なく幸いでしたが、目的の貝は少ないと思いました。
しかしキヤノンMJグループの方々は手慣れた方もあり、もくもくと砂を掘りアサリが出てきても黙っている人、童心に帰ったように喜びを表し楽しんでおられる人とありました。
キヤノン潮干狩り

 最干潮3時間後に入った干潟では、しばらくして上げ潮になりました。泡立つ上げ潮に追い立てられて後退し、時間的には充分楽しめなかったかもしれませんが、アサリの浄化実験はそれなりの成果があったでしょう。子どもさんは大きな方のオキシジミに興味があるようでした。
今年来られた方々が、来年も来たいと貝掘りの企画をして下さるなら、うれしいですね。これは自然の懐の深さ広さでしょうか。 (S・T)
キヤノン記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/133-05b14c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク