11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)/参加の皆様、有難うございました。お疲れ様でした。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)

●日時:4 /26 (土)15:00~17:00
●参加者:235名:一般3名、キヤノン関係23名内(6歳以下4名)、(株)環衛サービス6名、九産大12名、城東高校171名内(教諭13名)、福大生4内(助教1名)、筑紫女学院高校生2名
守る会14名      

回収ゴミ合計63袋: 可燃ゴミ:59袋(人工ゴミ・自然ゴミ共)不燃ゴミ:4袋。粗大ゴミ:タイヤ、切り株大1、(杭、小枝、角材、等約30本)、毛布1、プラスチック板1個、浮3個
鳥は、ミヤコドリ1羽、オオソリハシシギ1羽、ダイサギ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、

 今和白干潟では、カモ達も少なくなっていますが、春の渡りのシギ類、ミヤコドリ、クロツラへラサギ、カモではマガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、カルガモ、が見られます。干潟では、コメツキガ二が活発で砂団子が足の踏み場も無い位多く有り、今春生まれたばかりの小さなカニが沢山います。これからは色んな種類のカニや、干潟の生き物たちの行動が活発になります。又潮干狩りの方も多くなります。今日は700名ほどでした。
 アシ原では、アシの新芽が大分伸びていて、緑と冬に枯れた茎色のコントラストがとても綺麗で絵になります。ハマニンニクの穂は花を付け、小さかった新芽も区別がつく程になりました。
ハマニンニクの穂
 アシハラの小道には、満開のハマエンドウが咲き乱れ、白や薄紫のヤマフジ、と白いノイバラ、ハリエンジュ、後背林の色んな緑が映えてとても綺麗です。
 ハマエンドウ
ノイバラ
ハリエンジュ

 本日のクリーン作戦は、干潟・湿地を守る日、全国春のビーチクリーンアップ参加企画、とクリーン作戦後16:30~17:15キヤノン参加企画潮干狩りも行われました。
 先ず初めに、干潟・湿地を守る日:宣言をして参加者の賛同を得てから清掃に入りました。
2009_1213JT 画像0110
 
 予定の他、有難いことに大勢の方の参加が有り、干潟と沿岸、アシ原と広範囲に清掃することが出来ました。清掃後は野鳥観察とお茶を飲みながらの歓談を楽しみ解散しました。
参加の皆様、有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)
以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/132-13b64af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク