11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)/お疲れ様でした。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)
●日時:3 /22 (土)15:00~17:00
●参加者:32名:一般17名、内(和白小4名・柏陵高校生1名)
           
守る会:15名
回収ゴミ合計67袋: 可燃ゴミ:64袋(人工ゴミ・自然ゴミ共)不燃ゴミ:3袋。
鳥は、ミヤコドリ9羽、ダイシャクシギ1羽、アオサギ、ダイサギ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、沖にスズガモ約300羽
ダイシャクシギ
 今和白干潟では、まだ、ミヤコドリが9羽確認出来ています。カモ達も大分少なくなってはいますが、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモ、を観る事が出来ます。
コサギ夏羽

 沖には群れが小さくなったスズガモも観られます。砂の上にはコメツキガ二の砂団子が沢山有り、ウミニナも砂の上を這い回っています。これから暖かくなると、干潟の生き物たちの活動が活発に成ります。それも楽しみの一つです。

 アシ原では、アシの新芽が大分伸びてきています。ハマニンニクは早いものでは穂が出始めていて、枯れたハママツナの根元には、生まれたばかりの小さな可愛らしい芽が出ていました。
ハマニンニクの穂
ハママツナ新芽

 ハマウドは逞しく葉を広げており、アシ原の小道には色づき始めたナワシログミが沢山実を付けています。ウグイスが上手にさえずり始めました。

 本日のクリーン作戦は、一般参加で初めての方が多くあり、有難いことに遠方の方では、みやま市や、須恵町、市内では、南区や早良区からの参加が有りました。又お天気も良く久し振りに暖かい一日でした。風は少し出てきましたが、清掃には丁度良い気温でした。
クリーン作戦のようす2
クリーン作戦のようす1
集まったゴミ
 
 見た目には綺麗に見えていたアシ原の中に、取り残された人工ゴミが多く有りました。思いのほか参加人数も多く広範囲に清掃することが出来ました。和白小学校5年生の取材も有りました。
子ども記者

 清掃後には野鳥観察やお茶とお菓子で歓談をしながら、初めての方の感想を聞く事ができました。参加の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。(S・T)
以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/128-de84de5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク