11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)/参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)
●日時:2/22 (土)15:00~17:00
●参加者:31名:一般8名(内小2・小4年生)、九産大生宗像ゼミ7名(内教師1名)、福大生2名            
守る会:14名
回収ゴミ合計83袋: 可燃ゴミ:82袋の内訳(自然ゴミ30袋、人工ゴミと自然ゴミ、ミックス52袋)
不燃ゴミ:1袋。

鳥は、ミヤコドリ8羽、ダイシャクシギ2羽、ミサゴ1羽、カモではオナガガモ、マガモ、ツクシガモ8羽、カルガモ、コガモ、後背林ではツグミ8羽、ウグイス鳴声や、ムクドリと多くの鳥達を観察することが出来ました。

和白干潟では、アシ原全体がまだまだ冬枯れの時期になっていますが、処によってはアシの新芽が顔を出し、ハママツナや、色々な小さな芽が出ています。アキノミチヤナギ、ホコガタアカザなどでしょうか。ハマウドが我が物顔で場所を広げ、ハマニンニクも大分大きく成ってきました。
2014_0224JT 画像0009
2014_0224JT 画像0018
アシ原の中道側には、特に今年は近年に無い位ナワシログミが豊作のようで、小さな実を沢山付けています。実が熟れると、幾種もの山の鳥たちが大勢で啄ばんでくれることを願っています。

本日のクリーン作戦は、久し振りの好天に恵まれ清掃中は暑いくらいでした。
2014_0224JT 画像0003
唐原川河口右岸のアシ原入口には、相変わらず多量の人工ゴミが有り、先月綺麗にしたばかりなのに一ヶ月経つと、山の様に人工ゴミが打ち寄せられています。先月に続き今回も、唐原川右岸のアシの付け根より~海の広場前迄を広範囲に清掃することが出来ました。
2014_0224JT 画像0023
嬉しい事に、学生さんや一般の方で始めて参加して下さった方も多く有り、若い方の力を頂きながら、長い距離でしたが運搬もスムーズに行きました。清掃後には野鳥の観察や、お茶を飲みながらの歓談で、山本代表から未来遺産登録のことや、アオサの時期などの話も有り和やかな中な一時でした。最後に全員で記念撮影をして解散となりました。
2014_0224JT 画像0032

参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/124-12ba51d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク