11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/寒い毎日が続く頃だが、節分を過ぎて暦は既に春。北からの来客達の帰行が始まる。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多入口 -

2014年 2月9日(日) -小雨- 長潮(干潮11:02 満潮 6:45)
[観察鳥種] 43種 [参加者数] 20名 

 東日本は大雪、各地で何十年ぶりの記録的大雪のニュースが流れている。野鳥達はこの事態にどう対応していくのだろうか。雨模様にもかかわらずたくさんの野鳥ファンが集まってくれた。今日観察が期待される野鳥の説明を聞いて、雨が上がることを期待して出発した。

探鳥会のようす1
探鳥会のようす2

 和白川河口ではカワセミが小枝の先に止まり対岸をじっと見つめていた。木の枝にアオサギがお気に入りの場所で休んでいた。
アオサギ
道路沿いにたくさん残ったセンダンの実を眺めながら進むと、鉄塔横に出来た海中の砂島に1羽のミヤコドリを発見。
左側にダイシャクシギ、右側にはセグロカモメと冬羽のダイゼンが忙しく餌を探していた。周りの海面にはコガモ、オナガガモ、マガモそしてツクシガモがのんびりと海面を漂っていた。
ツクシガモ(
遠くに見える唐原川河口付近にミサゴとミヤコドリ8羽が観察できた。クリーク対岸で白梅の花を見ることができた。他の木々達もよく観ると既に発芽準備を進めているようだ。
ウメの花
クリークの方向から聞こえる鳥の声を聞き、何の鳥だろうとみんなで考えたり、海の中ほどに居たホオジロガモの雄雌の違いを図鑑で確認したりした。遠くの人工島近くにスズガモの帯を発見。畑の中でトビやカルガモ、ヒドリガモを見つけた。海藻をよく食べるカモは、海のアオサガ無くなると陸の草も食べるようだ。
トビ
五丁川河口を過ぎて進むと単独行動のイソシギを見つけた。更に奈多入口に向かっていくと、残された廃船の上にカワウが3羽、アオサギ1羽とダイゼン数羽が留まっていて、いい感じの風情だ。
廃船上のダイゼン
少し早いバレンタインチョコをいただき、鳥合わせをする頃にはすっかり雨も上がっていた。

寒い毎日が続く頃だが、節分を過ぎて暦は既に春。北からの来客達の帰行が始まる。しっかりその姿を記憶に刻んでおきたい。新しい方々と知り合いになれて、楽しい時間をすごせた。来月また会えることを願って解散した。(S・M)                 
【参加者の感想】
・ミヤコドリをはじめて見れた。
・ホオジロガモが綺麗だった。
・オナガガモとホオジロガモの雄が見れて良かった。
・冬羽のダイゼンが可愛かった。
・ゴイサギ見れて良かった。
・ツクシガモが見られた。
・トビが真近に観れて良かった。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/119-798a3b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク