11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸→海の広場→アシ原→砂州/暖かいアシ原の中で鳥合わせをしました。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸→海の広場→アシ原→砂州

2014年 1月12日(日) -くもり- 中潮(干潮13:08 満潮8:01)
[観察鳥種] 48種 [参加者数] 22名  

新しい年になって初めての探鳥会は寒風の中行われました。日本野鳥の会福岡支部副支部長の田村さんも挨拶され、多くの鳥たちに出会えることを願ってスタートしました。
探鳥会のようす
和白海岸では、たくさんのカモの群れを見ることが出来ました。水際にはオナガガモが広範囲に渡って300羽ほどいました。
オナガガモ
12月には多く見られていたヒドリガモの姿はなく、ツクシガモも1羽のみ確認出来ました。そんな中、ミヤコドリが9羽確認できたのが嬉しかったです。
ミヤコドリとダイシャクシギ
海の広場へ移動する途中、沖にいるスズガモの群れにさらにたくさんのスズガモが群舞して加わるところを見ました。びっしりといるスズガモは2300羽ほど観察出来ました。
スズガモとハマシギ群舞
海の広場から冬枯れのアシ原を歩きました。ウグイスの地鳴きやシロハラの声も聞こえました。
アシ原の中から観察
砂州に出ると、ハマシギやミユビシギやシロチドリがたくさん走りまわっていました。シギとチドリの見分け方は、くちばしの長い方がシギで短い方がチドリであると教えていただいたので、見分けがつくようになりました。沖の方にはウミアイサが潜ったり出てきたりしていました。海からの冷たい風を受けながらの探鳥会でしたが、たくさんの種類の水鳥たちを確認できたので良かったです。暖かいアシ原の中で鳥合わせをしました。  (Y・K)

【参加者の感想】
・ ツクシガモがかわいかった。
・ ミヤコドリが見られて良かった。
・ シギとチドリの見分け方がわかって良かった。
・ カモが寄り添っているのがかわいかった。
・ ミサゴがカッコ良かった。
以上感動の声でした。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/114-f5cdf5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク