11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟の臨時クリーン作戦報告/お疲れ様でした。 

和白干潟の臨時クリーン作戦報告
●日時:12 /25 (水)11:00~13:00
●参加者:7名:、守る会6名
回収ゴミ合計37袋: 可燃ゴミ:袋の内訳(アオサ:30袋)人工ゴミ6袋)不燃ゴミ:1袋。
鳥は、ミヤコドリ9羽、ハマシギ100羽、クロツラへラサギ1羽、ツクシガモ他

本日のクリーン作戦は、21日予定の定例クリーン作戦が、悪天候の為に中止なりましたので延期で行いました。北西の風や西風により、広場前は人工ゴミと松葉が沢山打ち寄せられていました。
IMG_1094a22L.jpg
アシ原~唐原川までアシの上に被さったアオサが、表面は白く中は濃い緑でヘドロ化しており、リヤカーやソリや一輪車で運びました。久し振りの好天にも恵まれ、アオサを剥がしたり運んだりしていると汗が出るほど暑くなり、着ているものを一枚脱いだりしました。
予定していたより時間かかりましたが、まだまだ沢山残っていました。帰りに何人かできりえ館に寄り、空腹をSさん自作のお菓子とお茶で補いました。
IMG_1098a22L.jpg
 
参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上

5Z8F4869a02L.jpg
5Z8F4834a12L.jpg
5Z8F4801a12L.jpg
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/113-db631f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク