11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

香椎東小学校5年生の和白干潟観察会報告/この豊かな自然を、皆んなで守っていきましょう。 

香椎東小学校5年生の和白干潟観察会報告

日時:2013年11月12日(火)9:40~11:20 曇り時々晴れ 
長潮 満潮5:06 干潮11:32
実施場所:海の広場~アシ原入り口~沖~和白川河口
参加者:157名(4クラス)と先生5名 
守る会自然観察ガイド:8名

 急な寒波が日本列島を覆いここ福岡でも冷たい風が吹き付ける朝でしたが、時々薄日が差し天気も回復傾向。守る会メンバーの打ち合わせも完了し受け入れ準備が整った頃、和白方面から大勢の子供たちが近づいてきました。引率の先生の指導の下きちっと整列し、「お願いします。」の挨拶がありました。山本代表の干潟の生き物指人形を使っての挨拶に続いて、守る会メンバー全員が自己紹介をしました。
 始めに山本代表がイラストや写真を見せながら、和白干潟の場所や歴史、自然の大切さや命の尊さを分かり易く、丁寧に説明しました。
和白干潟の説明
 それから各グループに分かれて、8台の望遠鏡で鳥の観察です。
野鳥観察
 カワウや淡水ガモなのどの鳥たちが観察できましたが、ミヤコドリとクロツラヘラサギが見られずに残念でした。子度達は双眼鏡を持ってきている子もいて、初めて見る鳥たちに大はしゃぎでした。
カワウ 
 次に植物観察ではウラギクやハママツナ、ハマニンニクを観察しました。
塩生植物観察
 それから干潟に出て生き物の観察をしました。この頃には風もおさまり、穏やかな晴天に恵まれました。
生き物観察
 子供たちは全員ショベルを持って来ていて、カニやゴカイを探して夢中で砂を掘っていましたが、寒さのせいかカニも深くもぐっていておりなかなか見つかりません。山本代表から手でアサリを掘るように、アサリの獲り方の指導がありアサリやクルマエビを10匹も見つけることができました。また干潟一面にウミニナの稚貝が多く発生しており、びっくりしました。アオサも打ち寄せて、和白川河口付近に多く堆積していました。
 あっと言う間の1時間40分でしたが、野鳥や塩生植物を観察し、多くの生き物を観察できて、子供たちは大満足の様子でした。最後に全員で輪になり、今日獲れたアサリや海藻、カニなどを全員で確認しました。アサリの浄化実験も成功しました。
 寒さの中にも好天に恵まれ、去年から参加してくれている香椎東小学校の児童の元気な笑顔に我々も元気をいただきました。今日あらためてこんなに素晴らしい教材、自然がここ福岡のこんなに近くにあることを再認識しました。この豊かな自然を、皆んなで守っていきましょう。(H・M)
以上 
                            
観察された鳥:ミサゴ、カワウ350、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、コガモ、カルガモ、スズガモ、ホシハジロ、オオソリハシシギ1、ダイサギ、コサギ、アオサギ、トビ、ハマシギ500、シロチドリ200、カンムリカイツブリ10、セグロカモメ1、ハクセキレイ
観察された干潟の生き物:コメツキガニ、マメコブシガニ、アシハラガニ、ケフサイソガニ、ウミニナ、ホソウミニナ、アラムシロガイ、オキシジミ、アサリ、ウスヒラムシ、ハマトビムシ、ヤドカリ、ヨコエビ、ゴカイ、小魚
観察された海草:アオサ、ボウアオノリ、オゴノリ
観察された花や紅葉:ウラギク、ハママツナ、アキノミチヤナギ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/102-503c7397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク