11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口-/これぞ和白干潟!という印象でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口-
2013年 11月10日(日) -曇りのち小雨- 小潮(干潮8:48 満潮15:52)
[観察鳥種] 35種 [参加者数] 11名  

早朝未明に振った雨が止んで曇り空が広がるなか、雨具の用意をして参加しました。しばらく歩くとヒヨドリが好んで食べるセンダンの黄色い実が多く見られました。
センダンの実
RKBの鉄塔にはトビが2羽とまっていました。親子のようでした。幼鳥が盛んにピーヒョロヒョロヒョロと鳴いていて、まるで母親に甘えている子どものようでした。
本格的に渡り鳥の到来の季節となり、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、沖の方にはスズガモやホシハジロがたくさんいました。
ホドリガモとヨシガモ
嬉しいことにクロツラヘラサギが11羽、ミヤコドリが9羽に増えていました。
クロツラヘラサギとミヤコドリ
ミヤコドリ
シロチドリが100羽、ハマシギが300羽ほどいて、盛んに動き回ったり、一斉に飛び立ち群舞したりする姿が見られました。旅鳥のオオソリハシシギが1羽いて、もしかするとこのまま和白干潟で越冬するかもしれませんね。
塩浜護岸では、シャリンバイの木に紫色の実が、トベラの木には黄色い実がたくさん生っていました。触るととても固い実で、鳥は食べないようでした。
シャリンバイの実
トベラの実
普段は沖の方にいるカンムリカイツブリが近くで海に潜ったり出たりしていました。
カンムリカイツブリ
クリークにはオオバンが一羽いました。今年は唐の原川付近にもオオバンが50羽ほど渡って来ているとのことでした。
オオバン
五丁川河口では、廃船にカワウが9羽肩を並べて休んでいる姿が見られました。手前の護岸にイソシギが2羽飛んで来ました。どんよりと曇った空からポツポツと雨が落ちてきて気温も低くなってきたので早めに切り上げました。
今日はたくさんの鳥たちの姿を見ることができ、これぞ和白干潟!という印象でした。(Y・K)
以上

探鳥会のようす

【参加者の感想】
・ 初めて参加したが、和白干潟に多くの鳥がいることが分かって大変勉強になった。(新人の方)
・ ミヤコドリが9羽に増えていて良かった。
・ ハマシギがたくさんいたのが良かった。
・ カンムリカイツブリが近くで見られたのが良かった。
・ トビの親子が良かった。
以上感動の声でした。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/101-49c00757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク