11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2016年11月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様、お疲れ様でした 

2016年11月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告
    
●日時:11/26 (土)15:00~17:00
●参27名:一般3名 九産大今ゼミ3名(内先生1) 守る会18名
●回収ゴミ:49袋: 可燃ゴミ:48袋(内アオサなどの自然ゴミ:45袋)不燃ゴミ:1袋
●鳥:ミヤコドリ17羽、ミサゴ1羽、クロツラヘラサギ5羽、ツクシガモ23羽、オオバン、淡水ガモ、海ガモなど

 今和白干潟では、越冬のカモ類が随分多くなりました。寒くなってやっと、ツクシガモもまとまって観ることが出来るようになりました。ミヤコドリも昨年と同じ羽数になりました。これからもっと増えることを期待しています。
ミヤコドリ

クロツラヘラサギも多く見られています。
クロツラヘラサギ

カンムリカイツブリは今冬は例年より多いように思います。アシ原ではアシの穂がフワフワの綿毛になり、周りのウラギクやセンニンソウも綿毛になっています。
ウラギクの綿毛

アシ原中道ではノイバラの赤い実、シャリンバイの黒っぽい実、クコは赤い実と紫色の花が同時に見られます。
シャリンバイの実
クコの花

ハマボウ、ナンキンハゼが紅葉していて目立ち、一段と華やかに見えます。
ハマボウ紅葉
ナンキンハゼの紅葉

後背林も色づき秋模様になりました。アシ原入り口には紅葉したハママツナも残っていました。
ハママツナの紅葉
 
クリーン作戦では、明日の干潟まつりに備え、会場整備班と清掃班とに分かれてそれぞれが頑張りました。
024.jpg
025.jpg
014.jpg

 守る会会員の多くは会場整備をしました。守る会残り数名と一般参加者や産大生、九大留学生などの参加が有り、十数名で広場前から市道にかけてアオサとゴミを集めてソリや一輪車で運び綺麗になりました。夏に多く発生したアサミドリシオグサが砂の下に潜り込み周りの砂を真っ黒にして、分解せずに残っていました。アオサより質が悪いように思いました。くっついていた大量のホトトギスガイも巻き込んでいました。来年からは、打ち上げられる前に、取り除いた方が良いと思いました。終り頃には雨も降りだして来ました。最後にお茶とお菓子で歓談しながら感想などを聞き、クリーン参加の方は先に散会しました。干潟まつり会場整備作業の方は、引き続き行いました。明日11/27の干潟まつりが雨の場合を考えて、作業を行いました。参加された皆様、お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク