07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

第28回和白干潟まつりの準備スタート カンパとボランティア大募集 

第28回和白干潟まつりの準備スタート カンパとボランティア大募集
 
 第28回和白干潟まつりは11月27日(日)にあります。渡り鳥のたくさんやってくる季節に、ぜひ和白干潟の自然に親しんでいただきたいと思っています。

第1回実行委員会を8月23日に開き、準備がスタートしました。第1回から「食の安全を守るには環境を守ろう」と取り組んできたグリーンコープ生協東支部と和白干潟を守る会の共催です。干潟まつりは協賛団体からの協賛金とカンパで運営しています。入場者は変動がありますが、昨年は450人でにぎわいました。
 バードウォッチング、干潟のいきもの観察、植物観察、自然遊び、手作りの食べ物や野菜、リサイクルバザー、写真展やパネル展、マジックショーやコーラス、楽器演奏、紙芝居、ミニシアターなどのステージイベントも盛りだくさん。福祉施設などの出店中心で、営利目的の出店はお断りしています。市民運動の展示コーナーもあります。和白干潟を守ろうと集まった出店者の方たちの思いで28年間続いてきました。
2016和白干潟まつりポスター

 まつりは、和白干潟を守る会の事務局約20人が役割分担して掛け持ちでやっていますが、年々高齢化が進み、家族の介護などで人手が不足して運営が厳しくなっています。
 そこで、まつり前日の準備や当日の設営、運営などのボランティアの方を大募集しています! 前日11月26日午後には、定例のクリーン作戦(清掃)のほか、会場の整地、草刈、テント立て、展示用パイプ組み立てなどの作業があり、当日朝は、機材の搬入やテント内の設営、また関係者駐車場整備などもあります。

定例のクリーン作戦だけでなく、干潟まつりを楽しみながらのボランティアにぜひ参加してください! 参加をお待ちしています。

★干潟まつり事務局責任者 今村恵美子 (問い合わせ:090-3413-6443)


スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年8月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/今回が初めての方や、千早小6年男子も頑張っていました 

2016年8月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告                                         

●日時:8/27(土)10:00~12:00
●参加:21名:一般7名  守る会14名
●回収ゴミ:84袋: 可燃ゴミ:83袋(自然ゴミ:76袋、人工ゴミ:7袋)不燃ゴミ:1袋●鳥:オバシギ3羽、アオアシシギ1羽、ミサゴ3羽、トビ2羽、ダイサギ19羽、コサギ1羽、アオサギ1羽

今和白干潟では、サギ類が多くいます、浅瀬では水につかりながら餌を食べているようです。多い時には50~60羽を見るときも有ります。今日は、幸いなことにミサゴや渡りのシギ達にも会うことが出来ました。ウミニナは沢山いますが、暑さのせいか?コメツキガニは砂に潜っているのか出歩いているのは少なかったです。

アシ原ではヤマアワの穂が伸びており、ホコガタアカザが勢いよく茂り、アシの中にも広がっています。
ヤマアワ(クサヨシ)

アシ原中道では、あちこちでセンニンソウの白い花が良い香りを漂わせています。
センニンソウ

シロバナサクラタデやハマサジも咲いていました。
ハマサジ

シャリンバイの実やナンキンハゼが実り、大きいままで枯れたハマウドが目立ちます。
シャリンバイ
ハマウドの種

海の広場では、日照りで枯れてしまった草や、大きく塊になり茂っているクサネムも有り、ハマボウも実をつけ、側の木々ではツクツクホウシが盛んに鳴いていました。
クサネム
ハマボウ

クリーン作戦では、雨が降っていないせいか、見えるところでは人工ゴミが少なく、枯れ枝やアシなどの枯れた茎が多くありました。
034.jpg
036.jpg
045.jpg

また何故か、流木や枝などが多くありました。人工ゴミは枯れたアシの茎などといっしょに大潮で運ばれて、アシの奥に乗り上げていました。風があり余り暑くはありませんでした。草木が乾いている為軽いので、ソリや一輪車に積む時には風で飛ばされないように沢山は載せられませんでした。清掃は一時間余りで切り上げて、お茶をしながら感想などを聞きました。今回が初めての方や、千早小6年男子も頑張っていました。感想では、皆一様にゴミの多さにびっくりされた様でした。また学生は「和白干潟が陽をあびて輝いていてきれいだ」と言ってありました。皆さんに次回も参加してほしい旨伝えて散会しました。
参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。 (S・T)

051.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年秋期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2016年秋期シギ・チドリ調査報告      山本 廣子

●秋期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

今津では8/7(日)午前中に1回目の調査を行いました。
ムナグロ1羽、アオアシシギ21羽、キアシシギ8羽など、6種37羽がカウントされました。他にはミサゴ2羽が観察されました。

アオアシシギ
キアシシギ

博多湾東部では8/19(金)午後に1回目の調査を行いました。
アオアシシギ8羽、キアシシギ27羽、ソリハシシギ5羽など、4種45羽がカウントされました。他にはミサゴ3羽が観察されました。

8/19の博多湾東部は晴れて35度の猛暑でした。潮干狩りや磯遊びの人は少なく、和白で5名、名島で1名でした。秋の渡りの時期で、キアシシギ、ソリハシシギ、アオアシシギなどが見られました。和白海域では奈多のクリークにシギたちが集中していました。和白川河口や海の広場付近にはサギたちが増えてきており、100羽くらいいました。アオサギとダイサギが多いようです。

サギたち

和白と奈多海岸にはアサミドリシオグサがたくさん発生して、高温のためか腐ってきており匂いがしました。

アサミドリシオグサ

奈多のクリーク内の干潟には、たくさんのヤマトオサガニが食事やツメ振りダンスをしていました。
調査参加者は今津が2名、博多湾東部が7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

調査のようす1
調査のようす2
調査のようす3

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール署名街頭活動報告(香椎)/。「暑いのに大変ですね」と立ち止まってくださる方も何名かあり、話し込んでしまったのは、涼しさが味方してくれたようです 

ラムサール署名街頭活動報告(香椎) 

日時:2016年8月16日(火)10:30~11:30
場所:西鉄香椎駅商店街周辺
参加:6名署名数:66名分

 お盆明けで個人商店は休みのところもありましたが、そこそこの人出でした。立秋過ぎても猛暑の続く日々でしたが、今日は署名活動を始めてまもなく久々に雨が降り、打ち水をしたように路面がぬれました。雨が降り出しても西鉄電車のガード下は濡れないので、安心して声が掛けられます。

P1020706.jpg

 和白干潟のことを知っている、と署名してくださる方々は高齢者が大半です。「和白干潟にアサリを掘りに行っていました。人工島ができてから悪くなりましたねえ」という女性は88歳。人工島に着手した元市長に対する強い怒りが言葉の端々に感じられました。署名用紙のカットを見て「くすださんのきり絵のファン」と言われた方には、山本さんが署名に立っている場所を教えると、本人に会えて喜ばれた様子。

P1020716.jpg

 「暑いのに大変ですね」と立ち止まってくださる方も何名かあり、話し込んでしまったのは、涼しさが味方してくれたようです。全体で66名分の署名が集まりました。お疲れ様でした。(E・I)

P1020703.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸/皆熱中症にならずに無事に開催できて良かったです 

定例探鳥会報告 和白海岸

-奈多堤防→五丁川河口→塩浜堤防-
2016年8月14日(日) -晴れ - 中潮(干潮 13:22 満潮 6:11)
[観察鳥種] 22種 [参加者数] 8人

集合地の和白公園ではサンゴジュの真っ赤な実がたわわに生っていました。
1 サンゴジュの実_R

今日も36度の猛暑でしたので、少しでも日影のある奈多からのコースにしました。奈多堤防の松林の道をクリークや海を見ながら和白方向へ歩きました。奈多団地前のクリークに秋の渡りのシギたちが見られました。
3 キアシシギ観察_R

アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギなどが渡ってきていました。大きな松の木の影からのぞくことができました。
2 キアシシギ_R

松の木の下には白いタカサゴユリがあちこちに咲いていましたが、日照り続きでかわいそうですね。
4 タカサゴユリ_R

海の沖合の人工島護岸にはウミネコがズラーッと並んで休んでいました。海の廃船上にはカワウが休んでいます。なぜ暑い場所に止まっているのでしょうか。カワウは口をパクパク開けてあえいでいるように見えました。
5 カワウ_R

白い服に着替えて海に潜ったら涼しいでしょうに。クリークではカワセミも飛びました。クリーク内の干潟にはハクセンシオマネキが元気にはさみを振っています。
6 ハクセンシオマネキ_R

護岸にキジバトが休んでいて、赤い目がかわいかったです。
7 キジバト_R

護岸の樹木に秋の実りが感じられました。シャリンバイ、スダジイ、トベラ、エノキ、ネムノキなどの木の実が生っていました。
8 シャリンバイの実_R
9 スダジイの実_R
10 エノキの実_R

ヤマイモのつるにはムカゴも生っています。佐賀から参加された若い女性にムカゴをあげました。奈多の護岸下の海辺には、もうアオサが発生して増えだしていました。アオサが増えると和白干潟を痛めてしまいます。増えないことを願いました。
12 奈多護岸付近のアオサ_R
11 観察のようす_R

五丁川ではツバメたちが元気に飛び回っていました。塩浜護岸のアキニレの木影で、鳥合わせをしました。猛暑の中でしたが、秋の渡り鳥が見られて、皆熱中症にならずに無事に開催できて良かったです。(山本 廣子)

【参加者の感想】 
・カワセミが見られて良かった。  ・ソリハシシギなどの秋の渡り鳥が見られて良かった。 
・キジバトの目が赤いのがわかった。 ・カワウが暑そうだった。  
・エノキに可愛い赤や黄色の実がたくさん生っていた。アキニレの木との違いを確認した。エノキの実は食べられるそうだ。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール街頭署名活動報告/今日は最高気温が37度を超える真夏日でした 

ラムサール街頭署名活動報告

日時 :2016年8月9日(火)16:00~17:00
場所:JR福工大前駅周辺
参加者:6名
署名数:79名分

毎日暑い日が続いていますが、今日は最高気温が37度を超える真夏日でした。
いつものように駅前で記念撮影をした後、署名活動に入りました。

P1020677.jpg

余りの暑さに途中、コンビニに入り水分補給をしたりしました。今日は、全体的に署名に応じてくれる人が少なかったですが、朝鮮学校の生徒やタイから観光で来ていた子どもさんたちが快く署名に応じてくれたり、家族全員の名前を書いてくれる人もいました。
P1020680.jpg
P1020694.jpg

終わってみると集まった署名は79名分、感じたよりは集まっていました。しかし真夏の署名活動は大変ですね。参加された方々、お疲れさまでした。(H・Y)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

7月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/署名活動に参加された皆さん、お疲れ様でした 

7月ラムサール条約登録街頭署名活動報告

日時:2016年7月26日(火)16:00~17:00
場所:西鉄./JR千早駅前周辺
参加者:5名
署名数:96名分

 本日の、千早駅前での署名活動は曇っていて風も有り、あまり暑さを感じませんでした。声をかけた方の内6~7割の方が快く署名をして下さいました。中には、群馬県から旅行中の方や、熊本県の方も有りました。山本さんは、以前きり絵を教えていた時の生徒さんのお母さんと偶然出会い、自ら署名用紙も何枚か預かって帰られたそうです。「ご苦労様です、頑張ってください」等と、声をかけて下さる時には心が和みますね、また頑張ろうと言う気になります。乗り換えで急いでいる方はどうしても無理なようで、「またお願いいたします」と一言かけたりしています。
P1020643.jpg
P1020638.jpg

駅前にはバス停も有りますのでバスを待つ間に、書いて下さる方も有ります。偶然にも女子で、香住ケ丘高校生がいて、直ぐに趣旨を理解してくれて2名の方から快く署名を貰いました。子どもずれのお母さんは子供さんの名前も書いて下さいました。
署名活動に参加された皆さん、お疲れ様でした。 (S・T)

P1020632.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク